2017年7月アーカイブ

2017年7月宗谷ツーリング3日目(最終)

2017年7月19日 早朝から荷物をまとめ、6時30分に出発。 クッチャロ湖から帰るルートには、国道275号線を中頓別、音威子府、美深、名寄を通るルートもあるが、そこは過去に走っている。 運が良ければ道々106から利尻島が見えるかもしれないし、それに、初山別のキャンプ場も見て見たかったので、今回は道々84号線でオホーツク海から日本海へ横に横断するルートを選択。 浜頓別を出るとすぐに・・・ 詳細は>>こちら

2017年7月宗谷ツーリング2日目

7月18日 明けて7月18日、今日も最北端の地はスッキリしない曇り空 撤収して移動する前に、今回の目標の場所のひとつに行って見ることにした。 育みの里見晴らし台(利礼の丘) 2012年8月のツーリングの時、荷物満載状態のZZR-1100で転倒の恐怖に耐えながら深い砂利の坂道を必死で登りたどり着いた場所だ。 今回、バイクはVersysだし荷物も積まない身軽な状態だ。前回よりははるかに安・・・ 詳細は>>こちら

2017年7月宗谷ツーリング1日目

2017年7月17日 2年ぶりに道北(宗谷)方面に向け出発。 2年前の9月、出発の時の空もやはりこんな感じで青空が出ていた。 予報では、今回も北に進むにつて天気は良くないようだが、明日は青空が期待できそうだ。 道の駅三笠で朝食&休憩をしていると、自衛隊の走行車両が数量駐車場に入ってきた。   雨がデフォルト 道の駅「田園の里うりゅう」で休憩 この辺も少・・・ 詳細は>>こちら

2017年7月開陽丸見物に江差ツーリング

2017年7月8日 天気が良いので、道南方面に日帰りツーリング 長万部の直線道路 今回は八雲町から雲石峠を越えて日本海に出て、そこから海沿いを南下して江差町に行き、これまで一度も見た事がない開陽丸博物館の見物がメイン。 雲石峠の頂上にて 雲石峠を越えて日本海に出て、追分ソーランライン(国道227号)を南下する。 一応晴れていはいるが、内浦湾側よりは雲が多いな &nbs・・・ 詳細は>>こちら

2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.3

2017年7月2日 上士幌 昨夜は7・8台のバイクと3組の家族がテントを張っていた。 関西弁のハーレーのライダーはここの利用が初めてらしく、受付やら何やらあれこれ訊ねてきた。 朝食は最近良く作る鍋焼きうどん。 簡易のアルミ鍋にうどん、スープ、麩、かき揚げ、乾燥ねぎがセットになっているやつだ。 これに、昨夜の残り物の長ネギと生玉子は1個、2個では販売していないため、コンビニで買った・・・ 詳細は>>こちら

2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.2

襟裳岬風の館 風の館では風速25メートルの強風を体験できるのが一番人気らしい。 でも、自分は子供の頃からそれ以上の強風を何度も経験しているので、わざわざ入館料300円を払ってまで体感する気にはならなかった。 館のガラスには相変わらず萌えキャラが描かれていた。 えりも岬を離れると次第に晴れだし、百人浜の手前まで来るとすっかり青空が広がった。 これも前回来た時と同じだ。 どうも・・・ 詳細は>>こちら

2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.1

2017年7月1日 2009年に初めて襟裳岬までツーリングをしたが、岬の突端の天気はいま一つだった。 「2009年最南端ツーリング」なんて、タイトルを付けたが、実は襟裳岬は北海道の最南端ではない(笑) 最南端は松前町近くの白神岬だ。 歌にあるように、これと言ったものは「何もない」襟裳岬ではあるが、まだ一度も晴天の襟裳岬を眺めた事がないので、再挑戦することにした。 白老から鵡川まで高速・・・ 詳細は>>こちら

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

ツーリングマップル R 北海道 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

新品価格
¥3,024から
(2017/4/13 18:58時点)

ツーリングマップル 北海道 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

新品価格
¥1,944から
(2017/4/13 18:58時点)

15-16北海道キャンプ場ガイド

新品価格
¥1,404から
(2015/3/15 12:15時点)

最近の写真付き記事

最近のコメント