過去のツーリングの最近のブログ記事

2011年8月 霧多布ふたたび

2011年8月12日 7月の雨の道東ツーリングで行った霧多布が何となく気になり、晴れた日の霧多布を見てみたくなり再挑戦する事にした。 今回はいつもの道東ツーリングの時のルートとは少し違い、士幌町からR134(本別士幌線)、本別町からはR392(白糠国道)で白糠に出て、釧路を通ってR44、厚岸町、目的地の浜中町へと進む。 天気には恵まれ快適なのだが8月ど真ん中。やはり暑い。 道の駅 ・・・ 詳細は>>こちら

2011年7月道東ツーリング 後編

2011年7月14日 天気予報ではこれから雨になる。 これから2~3日、どっちに行っても雨が降るようだ。 仕方がないので、雨が落ちてくる前に撤収を開始。 午前9時 移動開始  知床峠付近から羅臼方向の眺め。 羅臼は雲に覆われている。雨が降っているようだ。 予想通り羅臼市街からその先はどこまで行っても雨が降り続いていた。 気温もかなり低い。 しっかりしたレインジャケット・・・ 詳細は>>こちら

2011年7月道東ツーリング 前編

2011年7月13日 毎年恒例の夏の道東ツーリングのスタート 鵡川~平取間 R74 天気は晴れ。とりあえず好調な出足。 8時30分 道の駅 樹海ロードひだかで休憩 駐車場には、戦車の砲塔部分をのせた大型トレーラーが何台も駐車している。 戦車の移動って、こうやって行われているんだ。 子供の頃、戦車がキャタピラのまま演習場に向けて、国道を轟音を立てて何両も移動して行く姿を思い・・・ 詳細は>>こちら

2011年6月 宗谷まわり

2011年6月3日 2011年最初のキャンプツーリングは道北方面に決定 今回もまたスッキリしない天気の中走り続けてきた。 道の駅 風Wとままえ(ふわっととままえ) 温泉のある道の駅だ それにしても寒い、寒すぎる。 温泉に浸かりたくなったが、ここで入ってしまうと、その後湯冷めしてしまうことは間違いない。 寒空の下を我慢しながら、ひたすら北を目指してR106を進む。 天塩町の手・・・ 詳細は>>こちら

2010年9月旭岳登山

2010年9月18日 ここ数年前から、テレビやネットなどのメディアで旭岳の雄大な景観を見て気になっていた。 9月も中旬、紅葉も丁度見頃を迎えているらしい。   富川―平取間 R237 まず上富良野にテントを張ってから目的地に向かう予定で、早朝3時40分に自宅を出発。 9月ともなると、この時間はまだ闇の中だ。 7時15分 上富良野町日の出公園キャンプ場に到着。 ・・・ 詳細は>>こちら

2010年9月 名寄・美深ツーリング

2010年9月4日 岩見沢SA 今回のツーリングは、名寄、朱鞠内湖、美深周辺を目標に出発。 ホライゾンのMさんが「びふかアイランド(キャンプ場)はいいよ」と、良く言っていたので、以前から一度は行ってみようと決めていたのだ。 幸いこの時は高速道路の無料化社会実験中でもあり、岩見沢ICから士別剣淵まで一気に走り抜ける。 9時45分 道の駅 なよろ に到着。   ひま・・・ 詳細は>>こちら

2010年7月道東ツーリング 最終日

2010年7月13日 最終日、毎度お決まりのように帰る日になって天気が良い。 日の出公園の展望台で周囲を眺めていると、千葉から観光にきている母子と知り合う。 その後も暫く写真を添付してメールの交換をしていたのだが・・・   ・・・省略。 真っすぐ帰宅するには時間も早いので、中富良野のファーム富田に立ち寄る。 ラベンダーのピークともあって、観光客が多い、、、大半は中国人だ・・・ 詳細は>>こちら

2010年7月道東ツーリング その3

2010年7月10日 天気予報を調べてみると、今日は全道的に下り坂のようだ。 特に、道東の太平洋岸側の方は雨が強いようだ。 斜里町からR244を通り、標津から弟子屈>阿寒横断道>足寄>上士幌町 と一気に移動することにした。 斜里町付近までは快適に走って来たが、根北峠あたりから雨が降り出し、標津側に出たあたりから雨足が強くなりだした。 そこから先は、雨による視界不良に耐えながらひたすら・・・ 詳細は>>こちら

2010年7月道東ツーリング その2

2010年7月9日 翌日は朝からよく晴れ、気温もぐんぐん上がって来た。 半島の周辺を散歩した後、砂川市からご夫婦で道内をキャンプしてまわっていると言う方にコーヒーをごちそうになる。 砂川市は私の出身地からも近いこともあって、話がはずむ。 移動のためテントを撤収し、バイクに荷物の積載を完了する。 駐車場の横にある民宿からは、BMWに乗っている年配のライダーが数人、出発の準備を始・・・ 詳細は>>こちら

2010年7月道東ツーリング その1

2010年7月8日 弟子屈町道の駅摩周 12時50分 自宅を出発してから、ここまで大雨にこそあたらなかったものの、ず~とグズついた天候の中を走って来た。 後から私と同じように阿寒横断道を通って来たオフロードのタンデム親子がやってきたが、ずぶ濡れになったようだ。 気温も低めであるにかかわらず、父親は裸足にサンダル履きであったが、寒くないんだろうか? 道の駅の女性にランチのお勧めの店・・・ 詳細は>>こちら

2010年6月富良野~平取

2010年6月12日 いつもながらの富良野方面へのツーリングだが、まっすぐ富良野市街に入る前に久しぶりに「麓郷の森」に立ち寄ることにした。 と、言っても何度も来ているところなので、改めて見物という程の事でもない。 ただ、いつもと違ったルートを走ってみようとしただけだった。 五郎の丸太小屋の内部 ドラマ「北の国から」では84年夏で火事で焼失することになっているが、実物は保存され・・・ 詳細は>>こちら

2010年5月滝上&湧別花めぐり 後編

2010年5月23日 午前4時 すでに辺りは明るくなっている。 五箇山のあちこちで桜が咲いている。 せっかくなので公園内を散策してみよう。 キャンプ場の裏手、小高い山の上にあがると丁度水平線から太陽が顔を出すところだった。 朝霧につつまれた周囲を赤く染める。 なんとも幻想的な風景だ。 サロマ湖のさらに向こうのオホーツク海からの日の出だ。 日の出も感動的だったが、・・・ 詳細は>>こちら

2010年5月滝上&湧別花めぐり 前編

2010年5月22日 2010年最初のキャンプツーリングは網走方面の滝上と湧別へ芝桜とチューリップの見物に決定。 満開時期にはちょっと早いのか? 道の駅「ハウスヤルビ奈井江」 朝5時に自宅を出発し、下道を走り続け奈井江で休憩。 音江PA この年6月28日から無料化社会実験で高速道路が一部無料化されたが、この時は実施前だった。 信号の多いR12を走り続けるのは辛いので、滝川・・・ 詳細は>>こちら

2009年9月上富良野・美瑛 ふらり

2009年9月20日 今日から4連休。 せっかくの休みにじっとしているのも勿体ないので、1泊でふらりとあてもなく上富良野・美瑛方面へ。 4連休をフルに使えば、もっと遠くまで廻ってこれるのだが、今回は1泊にしておこう。 いつも走っているルートなので、細かくどこをどう通ったかは省略し、簡単に記録しておく。 日高町 沙流川オートキャンプ場を見物。 木々に囲まれた雰囲気の良いキャン・・・ 詳細は>>こちら

2009年最南端ツーリング 後篇

黄金道路 百人浜沿いR34を北上しR336に合流、そこから先の断崖が続く海岸道路が黄金道路と呼ばれている。 1934年に竣工し、断崖を切り開いて進む難工事のため当初の予算より莫大な費用がかかり、「黄金を敷き詰める程金のかかった道路」と言う事から黄金道路と呼ばれているそうだ。 1997年に浦河から広尾に抜けるR236天馬街道が開通してから交通量はかなり減ったようだ。 天馬街道は山間を走る・・・ 詳細は>>こちら

2009年最南端ツーリング 前編

2009年8月29日 これまでなかなか行く機会がなかった北海道最南端の襟裳岬へ向けて1泊ツーリングに出かける事にした。 リッターバイクのツアラーに乗り換えてから遠出が多くなった気がする。 午前5時50分、いつもの自分にしては遅めの出発だ。 新冠町 サラブレッド銀座PA  8時29分 10年くらい前になるか。一度静内まで日帰りツーリングをした事があった。 その時、ここに立ち寄った・・・ 詳細は>>こちら

ミーティングGO!GO!in北海道2009 続編

  続編 だらだらと時間を潰しているうちに昼になった。 上士幌和牛カルビ丼  1,000円 レストハウスの前に屋台が出ていて「上士幌和牛カルビ丼」と言う丼物が売られていたので、それを昼飯にした。 白老牛のような高級和牛と比べると肉質は少々劣るが、1,000円と言う値段で考えるとまあ納得できるくらいの肉質と味付けだ。 仮面ライダー登場! さらに時間をもてあましてい・・・ 詳細は>>こちら

ミーティングGO!GO!in北海道2009 その1

2009年8月1日 ツーリングライダーの情報誌として人気の「0円マップ ツーリングGO!GO!]を出版している三栄書店が主催する「ミーティングGO!GO!北海道」に参加した。 以前からこの雑誌を読み、北海道内外から多くのライダーが集合しているのを見て、一度参加してみたいと思っていたところ、休みともうまくあってチャンスを逃がさず参加決定! 天気予報では、当日の十勝地方は曇り後雨との事。多少・・・ 詳細は>>こちら

2009年夏 道東・富良野 その3 帰還

  2009年7月8日 本日は朝から雨模様。 今日は私も、千葉の2人も帰る日だ。 千葉の2人は苫小牧から大洗までフェリーに乗って帰る予定だ。 広島のおじさんは朝のうちに雨の中出発。 3人で見送るが、どこに向かう予定だったかは憶えていない。 雨が小降りになるのを期待し、3人で管理棟内で時間をつぶす。 しかし、いっこうに雨が弱くなる気配は感じない。 やむなく雨の中の・・・ 詳細は>>こちら

2009年夏 道東・富良野 その2

2009年7月7日 今日も朝から快晴 目覚めてみると体調はすっかり回復していた。 昨夜、ライダーの中に入っていけなかった事が悔やまれる。 千葉のSさん、Tさんに加わってCB1300に乗っている東京の風船願坊さん、CB?の広島のおじさんの5人で朝食を摂りながら、またまたバイクの話に花が咲く。 やがて、ホライゾンのMさんがやってきた。 彼は富良野・美瑛方面には毎年3回は来ていると言う超・・・ 詳細は>>こちら

2009年夏 道東・富良野 その1

2009年7月3日~6日 毎年恒例の道東ツーリングに出発。 いつものツーリングであれば、初日は一気に知床まで行ってしまうのだが、今回は弟子屈町・屈斜路湖畔の砂湯キャンプ場に拠点を置き、周囲を周る事にした。 7月3日は湖畔にテントを張り、のんびりと過ごす。 7月4日は養老牛のからまつの湯に寄った後、知床まで足をのばしてから砂湯でもう一泊。 7月5日移動し上士幌町の航空公園キャンプ場にテ・・・ 詳細は>>こちら

2009年5月稚内

| コメント(0) | トラックバック(0)
2009年5月稚内

この年の4月ZZR1100のスクリーンとハンドルを交換し、より快適な走りのための装備を整えてた。 ※この記事にに関してはこちら   (記事を書いたのは最近だが、都合上 日付の設定を変えている) 今回は装備を交換してから、最初のロングツーリングとなる。 目的地は稚内。昨年の稚内は天候不良だったこともあって、そのリベンジだ。 2009年5月29日 午前5時30分 ・・・ 詳細は>>こちら

2008年7月道東ツーリング 第4日~最終日

2008年7月7日 朝目覚めると空はどんよりとした曇り空。 今日は釧路地方は曇りのち雨の予報だ。 早朝から撤収を開始6時に砂湯キャンプ場を出発。 R241~R274、毎年のように同じルートをひたすら飛ばし、鹿追町から新得町に入りR38狩勝峠を超えて富良野エリアへ。   中富良野町まで来た時には丁度12時になっていた。 中富良野森林公園裏手の小高い山「北星山」に周・・・ 詳細は>>こちら

2008年7月道東ツーリング 第3日目

2008年7月6日 朝からキャンプ場前の湖面を水上バイクが走りまわり、うるさい。 あまりブログで批判的な記事を書くのは良くないと思い控えるようにしているのだが、水上バイクだけはどうしても苦言を言いたくなる。 まず第一に水上バイクを乗る人の大半がマナーが悪い。 自分さえ楽しければ良い、という思考回路だ。 キャンプ場のテントで寝ている人や自然の中に静かに浸りたい人の事など全く気に掛け・・・ 詳細は>>こちら

2008年7月道東ツーリング 第2日目

2008年7月5日 晴れ テントを撤収し荷物をバイクに積み込み出発。 と、うっかりバランスを崩してバイクを倒してしまった。 荷物満載状態のバイクをひとりでは簡単に起こす事ができない。 ひとりで悪戦苦闘を続けているが、さほど遠くないところにライダーが2人談笑している。 が、中々こちらの状況には気づいてくれそうにない。 仕方なしに頼みに行って、手伝ってもらう。 気を取り直して出発する・・・ 詳細は>>こちら

2008年7月道東ツーリング 第1日目

2008年7月4日 毎年恒例の夏の道東ツーリングのスタート。 いつものワンパターンコース(室蘭→苫小牧→鵡川→日高→日勝峠)で、これまた毎年のように小雨にあたりながら走り続けてきた。 9時丁度、道の駅「しかおい」でいつものように休憩。   いつものツーリングならば、この先足寄から阿寒横断道路を通って弟子屈町に出るところだが、あまり・・・ 詳細は>>こちら

2008年初めての道北

2008年6月8日 自家用車でもバイクでも一度も行った事のない稚内・道北ツーリングに初挑戦 6月上旬となると、ツーリングシーズンとしてはちょっと早い。 まだ道外ライダーの姿も殆ど見かけないだろうから、ちょっとさみしいツーリングにはなってしまうか。 7月はどうしても道東方面に行ってしまうので、あえてこの時期を選んでしまった。 何故、道北? 実兄も元はバイク乗りで、以前サロベツ原野を海・・・ 詳細は>>こちら

2007年7月道東ツーリング 後半

2007年7月15日 テントを撤収し荷物を積み込んだ後、羅臼市街から約2キロほど相泊方向にある「ひかり苔」を見物。 大きな岩というか崖の根元に洞穴が開いている。 穴の暗がりを覗くと、確かに緑の蛍光色に苔が光っているのが見えた。   R244を南下し、厚床からR44を走り厚岸へ。 9時40分 道の駅 あっけしに到着。 ここはただ牡蠣を買って家に送るためだけに寄った・・・ 詳細は>>こちら

2007年7月道東ツーリング 前半

2007年7月13日 あまりはっきりとは憶えていないが、2007年7月の道東ツーリングも簡単アップしておく。 毎回同じようなルートのツーリングだ。 出発当日の天候はパットせず、最初から雨に備えての出発となった。 7月中旬というのに、気温もかなり低めだ。 R274からR241と通り阿寒横断道路を越え弟子屈町に入るが、さえない景色と寒さのため写真もとらずにひたすら走って来た。 &n・・・ 詳細は>>こちら

2007年初夏の富良野ツーリング

もう大分記憶があやしくなってきたので、当時の写真を見ながら簡単にレポすることにした。 実際、6月の初めとなると出会うライダーも少なく、誰と何を話したと言う事もない。 ただ、一人でブラリと富良野・美瑛周辺を走って来た。 2007年6月7日 まずは、新富良野プリンスホテルの敷地内にある「ニングルテラス」 ここは、作家 倉本聰氏の著書「ニングル」の中に登場する体調15cmの妖精が住む森・・・ 詳細は>>こちら

2007年4月30 黒松内

ゴールデンウィーク。行楽シーズン到来。 北海道の場合は、まだまだ寒い日が多く、時によっては雪が降る事もある。 幸いこの日は好天に恵まれ、ぽかぽか陽気になったたので、職場仲間のK君と日帰りツーリングをする事にした。 長年、殆どソロツーリングばかりだった私には職場の仲間と走るなんて初めての事だ。 ニセコ道の駅にて K君はBMWのLT1000。 当時の私はZZR-400。大型免許・・・ 詳細は>>こちら

2006年7月16日~19日

2006年7月16日 浮かない気持ちの中にたったひとつの期待を抱いての出発。 日照峠を越えて道の駅しかおいで休憩。 鹿追町 カントリーパパ 十勝の食材を使ったメニューのレストランとコテージを営業している、カントリーパパで昼食。 緑の芝生に囲まれ、広々と解放感のある敷地に、カントリー調の建物が印象的だ。     ミックスフライとハンバーグのセット ・・・ 詳細は>>こちら

2005年夏 中途半端なツーリング

2005年7月22日 この時期、毎年のように5日~6日の休みを取ってツーリングをしてきたが、2005年、2006年と仕事の関係もあって例年通りのツーリングと言う訳には行かなかった。 それでも何とか4日間の休みをとり道東方面に出かけることにした。 日勝峠を越え、鹿追、士幌町を過ぎナイタイ高原へ立ち寄る。  今回も残念ながらスッキリしない空模様。 テンションも一気に下がって・・・ 詳細は>>こちら

2005年6月北の国からツーリング

2005年6月18日 まだまだ、富良野事情には通じていないので、特にあてはないのだが、今回は初夏の富良野の景観を見に行こうと1泊ツーリング。 いつものコースを辿り、R237とR38の合流点、空知川にかかる下金山橋までくると、西方に芦別岳が見える。 残雪が適度に残って美しい。 写真を撮るがどうしても手前の電線が入りこんで邪魔をする。       ・・・ 詳細は>>こちら

2004年秋の富良野ツーリング

2004年の夏のツーリングですっかり気を良くた私は、秋の景色を眺めにまた美瑛・富良野にツーリングに出かけた。 周囲からは「雨男」に加え「ワンパターン男」と嘲笑されているが、一向に気にしない。 ホライゾンのMさんも毎年2~3回は富良野に繰るではないか。 彼は、美瑛・富良野の丘や道を隅から隅まで知り尽くしている。 それから見ると道内にいながら、私は全くと言っていいほど見所、走りどころを知ら・・・ 詳細は>>こちら

2004年7月道東ツーリング5日・6日目

2004年7月6日 夕べ夜半から雨が降り出し、今朝になってもまだ小雨模様だ。 前日までの披露もかなり溜まっていたので、こんな日はたっぷりと寝て体調を整えるのにいい機会だと思う。 昼近くになって雨もやみ、夕べ知り合ったライダー達と挨拶を交わす。みなのんびりと過ごしている。 テントの前でぼんやりとしていると、初老の男性がキャンプサイトをうろうろと歩き回っていた。 その内、私の前にやってき・・・ 詳細は>>こちら

2004年7月道東ツーリング4日目

今、気づいたのだが、2004年のツーリングなのに、3日分のタイトルが2007年になっていた。 すでに訪問してくれていた人には申し訳ありません。タイトルを訂正しておきます。 2004年7月5日 今日は上富良野まで移動し、テントを張る予定なので、朝早く食事を済ませて撤収を開始。 6時に砂湯キャンプ場を出発し、阿寒横断道、足寄町と一気に通過し、上士幌町から糠平温泉郷へ。 糠平温泉富士見・・・ 詳細は>>こちら

2004年7月道東ツーリング3日目

2004年7月4日 天気予報通り、今日は朝から曇り空。 青空の下のツーリングは期待出来そうもないが、テントを撤収し出発する。 R8を南下し、別海町からR243に入り根室方向へ進む。 今日の目標は、最東端の納沙布岬。     9時15分 道の駅「スワン44ねむろ」 道の駅に到着し休憩していると、そこに轟音をたてて白い塊が駐車場に入って来た。 巨大なト・・・ 詳細は>>こちら

2004年7月道東ツーリング2日目

2004年7月3日     キャンプ場の朝           この日も朝から良く晴れて、気温もグングンと上がりだした。 今日は、知床峠を越えてカムイワッカ湯の滝へ。   知床峠頂上付近からの羅臼岳         羅臼側から峠の頂上・・・ 詳細は>>こちら

2004年7月道東ツーリング1日目

2004年7月2日 午前4時58分 今日は朝から快晴! ここ数年夏のツーリングの時には、ことごとく天気の神様に冷たい仕打ちを強いられてきた。 知り合いからは「雨男」と罵られ、その悔しさに耐えながら「来年こそは!」と心に秘めてきたのだった。 が、ついにチャンスが訪れたのだ。 毎度のごとく、苫小牧~鵡川~平取と青空の下を快適に走り、道の駅「樹海ロードひだか」で休憩。 8時前とあって・・・ 詳細は>>こちら

2003年7月道東ツーリング 4~5日目

2003年7月15日 5時30分。 前日のような激しい雨は収まったものの、相変わらずスッキリしない朝を迎える。 ホテルを早々に出発し、まだ誰ひとりいない硫黄山を一人で見物。 あちこちから白い蒸気を上げ、朝の低い気温が一層湯気の量を多くさせている。       屈斜路湖畔に出て、コタン温泉と池の湯を見物する。 この時は、気持ちにゆとりが無か・・・ 詳細は>>こちら

2003年7月道東ツーリング 1日目

2003年7月12日 この年の夏も毎回天候に恵まれない道東のツーリングのリベンジを敢行する。 すっかりワンパターン男になってしまっている。 この年の4月に買い換えたZZR400。 これまたワンパターン 違いは初期型のKでなく、97年のN型に変わったところだ。 あらためて見ると、ツーリングの装備も充実していた。 最初の頃は、タンクバックだけで、シートバックも振り分けバックもなく・・・ 詳細は>>こちら

2002年7月道東ツーリング

2002年の夏のツーリング。 今年もまた昨年同様、道東方面に向けて走る事にした。 昨年、悪天候のため知床到達を断念せざるを得なかったためのリベンジツーリングだ。 2002年7月12日 早朝5時、近所の安眠を妨害する自分の行動にかすかな罪悪感を覚えながら、自宅を出発する。 R36沿いに信号でうんざりする苫小牧市内を抜け、R235鵡川から、今回あたらに発見した平取までの抜け道R74を通る・・・ 詳細は>>こちら

2001年7月道東-富良野ツーリング

またまた過去ツーのレポを書くことにした。 最近は他のテーマのブログは一旦お休みにして、バイクライフの過去ツーをひたすらアップしている。 そろそろバイクに乗るシーズンが本格的になってくるので、早いとこやっつけてしまわないと、溜まる一方になるから頑張っている。 とは言え、10年以上も前の話となると、かなり記憶があやしい。どこでどんなライダーと話をしたか?なんてかなり忘れている。 それに、こ・・・ 詳細は>>こちら

2001年4月7日洞爺周辺まで

2001年4月7日  待ちに待ったバイクシーズンの到来。 快晴の朝を迎えたので今年の初乗りと決め込んだ。 4月の上旬にしてはかなり温かかったが、峠も山もまだ雪がたくさん残っているこの季節なので、夕方近くになると急激に気温が下がるのは目に見えている。 無理をせず、早めに帰ってこれるよう近場をぐるっと走ることにした。 本当に雲ひとつない空。気分は最高。     ・・・ 詳細は>>こちら

2008年10月納車記念ツーリング

2008年10月5日 この年の8月ついに大型二輪を取得し、9月にZZR1100を中古で購入した。 走行距離は10,900キロ、程度は非常に良好だ。 マフラーはスダのプロジェクト328、バックステップはコアース、スクリーンはゼログラの大型、ハンドルはノーマルだがアップスペーサーを入れてあった。 納車後はじめてのキャンプツーリング、場所はどこでも良かったのだが、10月初旬紅葉の時期でも・・・ 詳細は>>こちら

2000年10月富良野ツーリング

2000年10月7日(土) 夏のツーリングですっかり気に入ってしまった富良野に1泊でツーリングを思い立った。 10月に入ったので、十勝岳の紅葉が見頃なはず。今回はそれをメインの目的にして出発した。 前回と同じように富川から富良野を目指し、237号線をまっすぐ北上した。 今回も残念ながら、出発前から天候がスッキリしない。と、言うか「寒い」。 10月と言っても、天候が良ければ日中はそこそ・・・ 詳細は>>こちら

2000年7月道東・富良野ツーリング

2000年7月7日 前職が殆ど休みとれない仕事に就いていた事もあって、ツーリングを始めるまでは、道内に住んでいながら道央圏以外の場所には行ったことがなかった。 ましてや、道東方面は完全な未知の世界であり、十勝平野に足を踏み入れるのも今回が初めての経験だ。 7月7日、早朝スッキリしない空模様の中、自宅を出発し苫小牧から国道235号線を通り、厚真、鵡川、富川と海岸線沿いをひたすら走った。 ・・・ 詳細は>>こちら

1998年夏 富良野ツーリング

そろそろ、私がツーリングに目覚めた10数年前の記憶を呼び起こしながら、過去のツーリングについて書いて行こうと思う。 遠い昔の記憶なので、実際、いつどこで何をしたか?あまり覚えていないのだが、これ以上放っておくと更に忘れそうなので覚えている限りを記憶に残しておくことにする。 初めてバイクにテントを積んでキャンプツーリングに出かけた先は富良野周辺であった。 若い時から暫く休日も殆どない職業に・・・ 詳細は>>こちら

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

ツーリングマップル R 北海道 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

新品価格
¥3,024から
(2017/4/13 18:58時点)

ツーリングマップル 北海道 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

新品価格
¥1,944から
(2017/4/13 18:58時点)

15-16北海道キャンプ場ガイド

新品価格
¥1,404から
(2015/3/15 12:15時点)

最近の写真付き記事

最近のコメント