> 北海道のおすすめスポット: 道内のおすすめスポットアーカイブ

道内のおすすめスポットの最近のブログ記事

開陽台 01

中標津町から約15km、標高270mの台地。

展望台からは、広大な草原や山々がぐるっと330度の大パノラマを見る事ができる、道外ライダーの間でも人気のスポットだ。

また、展望台の横には無料のキャンプ場があり、夜ともなれば満点の星空を堪能することもできる。

 

苫小牧 一楽亭

苫小牧の知り合いと打ち合わせの後、帰る途中で以前から気になっていた店で昼食をとりました。

あんかけ焼きそば 一楽亭

苫小牧市内を横断する国道3号線沿いにあり、店の外にも「あんかけ焼きそば」と書かれたのぼりが数本立てられており、ごく庶民的な中華食堂といった感じです。

 

 

 

 

一楽亭の焼きそば

午後1時ちかくになっていましたが、店内にはまだお客さんがたくさんいました。

席は小上がりの他、カウンター数席あります。

早速、醤油味の焼きそばを注文。

焼き立てのパリッとした麺の上に、具がたくさんのっています。

えび、いか、肉、ハム、きくらげ、白菜などなど、たっぷりの量の具があんにしっかり絡んでかなりのボリュームです。

味の方は、しっかりとコクと旨みがあり、かといって濃すぎることもなく、久々においしい焼きそばを食べた気がしました。

 

一楽亭のメニュー

あんかけ焼きそばには、しょうゆ味、塩味、しょうゆカレー味、塩カレー味があり、どれも一人前780円

昼のメニューとしては、ほかに中華丼、これも焼きそばと同じ味付けがチョイスできます。

その他は、中華食堂定番のメニューが色々。

ラーメン、チャーハン、チンジャオウロースーなど。

13時を過ぎるとさらにメニューは多くなるようです。

鶏のからあげ、レバニラ炒め定食、エビチリ、天津飯など。

 

 

一楽亭の店内

営業時間は

・午前11:00~午後3:00 

・午後5:00~午後8:30

定休日は毎週月曜日(祝日は営業)

住所 苫小牧市末広町3-7-10

電話 0144-34-7085

 

持ち帰りもできます (容器代 70円追加)

 

 

 

 

 

ホテルニューバジェット札幌

札幌ニューバジェット外観

3月3日札幌のホテルニューバジェット札幌 に宿泊しました。

翌日にある検定試験の受験があるため、室蘭から当日の朝出てくることも可能ですが、この季節天候が悪化した場合、遅刻する恐れも想定されます。

会社からは宿泊費用は出ないのですが、万全を期すために前泊をしました。

場所は南3条西6丁目なので、ススキのにも狸小路や大通りにも近く便利な立地です。

フロントに行くとカード型のルームキーを渡され、まず先に自動の清算機で前払いする。

ビジネスホテルらしく何ともあっさりとした仕組みだが、その分スタッフがとても感じの良い、笑顔で応対してくれました。

駐車場もチェックインの前から利用させてもらい、次の日も10時チェックアウトなのですが、試験が終わるのが12時になるので、13時くらいまで停めさせてもらえるか尋ねると快く、しかも無料で利用させてもらえました。

 

バジェット札幌のシングルルーム

シングルルーム

部屋はビジネスホテルとしては標準的な広さ。

明るく、清潔感もあり、ベッドはセミダブルなので、まずまず快適です。

 

 

 

 

ニューバジェット札幌の室内と机

室内は標準的に、バスルームと机、テレビ、冷蔵庫が備えられています。

インターネット回線も有線LANで利用できます。

ドライヤーは机の横に備えられていました。

 

 

 

 

 

ニューバジェット札幌のバスルーム

バスルームには、石鹸、歯ブラシ、カミソリは設置されていません。

フロントで必要かどうか聞かれ、持参してきていない場合は無料でもらえる仕組みになっています。

さらに、シャンプー、リンス、ボディーソープも小瓶で置いてあるのではなく、写真右上のように、ディペンサーのボタンを押すと適量出てくるようになっています。

コスト削減の意図もあるのでしょうが、無駄なゴミを出さないための配慮でもあります。

確かに、固形石鹸などはちょっとでも浸かってしまえばそのままゴミとなり、環境破壊にもつながりますね。

ここばかりではなく、多くのビジネスホテルですでに、取り入れているのでしょうが、これは本当に良いことだと思いました。

ビジネスホテルばかりではなく、デラックスなリゾートホテルなどでも大いに取り入れるべきだと感じました。

 

ニューバジェット札幌の朝食

朝食つきの格安プランで宿泊したので、朝は1階でパンとコーヒー、オレンジジュースで朝食をとりました。

この日は、クロワッサンとミルクパンでしたが、焼き立てでクロワッサンはサクサク。ミルクパンも程よいミルクの風味と甘さでどちらもとても美味しかった!

 

 

 

 

 

私は、めったに札幌に出張することもないし、ましてや宿泊するのは珍しいことですが、ビジネスはもちろん札幌市内観光する方にも手軽で良いホテルだと思います。

 

 ホテルの詳細はこの左の写真をクリックするとジャンプします。

美瑛の青い池

| コメント(0) | トラックバック(0)

美瑛の青い池

 ここ数年ですっかり有名になり、富良野・美瑛方面の観光スポットのひとつになってしまいました。

以前は、あまり知られておらず、場所もわかりづらかったのですが、現在は美瑛から白金温泉に向かう道路からすぐわかるように、看板や駐車場が設けられています。

青い池の入口

駐車場は舗装されていませんが、かなり広く大型の観光バスのほか、乗用車が数十台駐車できるスペースがあります。

美瑛観光協会発行の地図

 

 

 

 

 

 

 

青い池に行く道の入り口

駐車場の中にも青い池に行く道を案内する看板が設置されています。

ここから、約10分ほどあるくと、右手の林の間から青い池の姿が見えてきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

青い池の全景

 

北海道開発局が、火山泥流を貯める施設として、コンクリートブロックによる、えん堤を築き平成6年に完成しました。

その結果、白金温泉地区から湧出るアルミニウムを含んだ水が溜まり、美瑛川の水と混ざって生成されたコロイド粒子の拡散によって、青く見えるそうです。

やや透き通った青い水の中には、肌が白くなって枯れている木が何本も立ち並んでおり、なんとも神秘的な風景です。

池の向こうの林の上には十勝岳連峰の姿が見え美しく、かつ不思議な風景です。

 

 

北竜町 ひまわりの里

北竜町のひまわり畑

写真をクリックするとさらに大きな画像が表示されます

なだらかな丘陵一面に咲くひまわりの花
地元農家の女性たちが植えだしたのがきっかけで、大規模に栽培されるようになり、100万本のひまわりが訪れる人の目を楽しませてくれます。

北竜町 ひまわり畑
花の見頃は8月中旬。
ひまわりの里には、ひまわりの迷路やトラクターで引っ張る「ひまわり号」が畑の中を案内してくれます。
畑を見渡せる展望台もあり、しきりに観光客が記念撮影をしています。








ひまわりの里の水車
畑の一角には何故か水車が3機一列に並んで、白樺の枝の先から落ちる水を受け止めて、くるくると回っていました。












北竜町のひまわりソフト
ひまわり観光センターでは観光情報の提供や、地元の特産品の販売、うどん、そば、ラーメンなどの飲食店が軒を並べています。
ひまわりの種を粉末加工したものが入っている「ひまわりソフトクリーム」が1個300円で売られていました。
ビタミンEが豊富に含まれているそうです。
管理人も食べてみることにしました、なかなか香ばしくさっぱりとした甘さのおいしいソフトでした。






 


大きな地図で見る

大滝 三階の滝

| トラックバック(0)

大滝 三階の滝

写真をクリックするとさらに大きな画像が開きます。
長流川(オサルガワ)支流の三階川に三階川公園から見られる「三階の滝」
渓流にかけられた橋から3段になった滝が四季折々の美しさを楽しませてくれますが、やはり、紅葉の時季が一番でしょうか。
 
 
 
大滝 三階の滝 その2
 
渓流の片岸は切り立った断崖になっており、その景色もなかなか美しいです。
















三階滝公園
三階滝公園には多くの観光客が訪れ、自家用車や観光バスがたくさん駐車しています。
ラーメンやそばなどの食堂や、地元特産品を販売している売店もあります。













三階の滝の橋
三階の滝の前にかけられている橋

ここから丁度正面に3段になって落ちる滝を眺めることができます。












 

中札内村 花畑牧場

| トラックバック(0)

花畑牧場

 

中札内村の花畑牧場に行ってきました。



田中義剛さんが牧場長を務める十勝の中札内村花畑牧場は生キャラメルで一躍有名になりました。
管理人もツーリングがてらちょっと立ち寄ってみました。
上の写真の建物が、生キャラメルをはじめチーズやお菓子類など花畑牧場オリジナル商品を販売している売店です。
管理人は朝早めについたので混雑せずに土産を買うことができました。
ちなみに営業時間は9:00〜17:00ですが、冬季(11月4から4月中旬)は休業となります。

 

花畑牧場の駐車場 花畑牧場の駐車場

駐車場は舗装されておらず、砂利が敷かれていました。

管理人の大型バイクで駐車場内を移動するのにはちょっと注意が必要です。

 

 

 

 

 

生キャラメル工房の建物と作業の様子

生キャラメル工房の作業風景
工房内には入ることはできませんが、窓越しにキャラメルを作っている作業を見学することができます。

 

 

 

 

 

花畑牧場駅

 

 

花畑牧場駅

近くに幸福駅があることにちなんでいるのでしょうか?

おとずれた多くの観光客が駅舎の中にメッセージを書いたメモを貼っていくようです。

 

 



 

花畑牧場 ホエー豚亭
花畑牧場 ホエー豚亭

チーズを作る過程で出来るホエーをえさにして育てられたホエー豚。その極上の肉を材料にしたホエー豚丼が食べられます。

スープと漬物がセットで1,470円(税込み)

営業時間は牧場開設期間中の10:00〜17:00まで。

管理人は、時間の都合で食べずに帰ってきてしまいました。ちょっと心残りです。




 

知床峠

| トラックバック(0)

知床峠9合目付近の道路から

 

 

  羅臼町とウトロを結ぶ国道334号線知床横断道路の頂上です。

ここからは晴れた日には遠く国後島がよく見渡せ、近くに迫る羅臼岳の雄雄しさも壮観です。

 

ナイタイ高原の道

北海道河東郡上士幌町字上音更85-2

ナイタイ高原牧場とは日本で一番広い公共牧場だそうです。

その広さは1,700ヘクタールでなんと東京ドーム358個分

牧場は上士幌町が運営しており、飼い主から乳牛をあずかり、育成して授精させ妊娠牛として飼い主に戻す事を行っている、育成牛預託専門牧場です。

高原の高台にあるレストハウスにつながる道路は、広大な牧場内を蛇行しながらどこまでも長く延びており、その広さと景色のすばらしさは、本当に圧倒されます。

バイクでゆったりとこの道を走る気分は実に爽快なものです。

写真ではちょっと上手に表現できなかったのが残念です。

また、いつか写真を撮りに行こうと思います。

 

 

 

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30