2012年11月アーカイブ

長万部産 黄金毛ガニ

長万部産 黄金毛ガニ北海道の毛ガニはこのサイトでも何度か紹介してきました。

オホーツク海産、散布産、えりも産など、どれも美味しいのですが、その水揚げされる場所によっても、それぞれ微妙な味わいの違いはあります。

今回紹介する長万部産のかにも、また一味違った美味しさと特徴があるようです

長万部は噴火湾のほぼ中心に位置し、三方を山に囲まれ特別豪雪地帯にも指定されているほど、厳びしい気候と豊かな自然に恵まれています。

周囲の温泉から噴き出るミネラルが大量に海に流れ込にでいます

そのミネラル成分をたっぷり含んだ餌を食べて成長したカニはきめ細かいカニ肉と甘みを持つ、美味しい毛がにとなります。

長万部はカニが豊漁だった戦後まもなく、かにを使ってかにめし弁当を発売し大ヒットとなりました。

いまでもカニめしの発祥地としてこの地の名は全国に知られています。

 

 

 

 

 

オホーツク海産毛ガニ

オホーツク海産毛ガニ北海道の極寒地オホーツク海で獲れた毛がには、身のしまりもよく甘みも一味違います。

特に500グラム以上の大きさになると、かにみその量もたっぷりと入っています。

 

かにの発送には生きたままの「活」もありますが、自分でおいしく茹でるのはこつもあってやはり難しいものです。

業者が行う急速冷凍は短時間でかにの中まで一気に冷凍します。

その事によって、かに本来の旨みを損なうことなく保存が効くのです。

家庭の冷凍庫では出来ない保存方法です。