2013年1月アーカイブ

ルタオのチョコレート ロイヤルモンターニュ小樽の洋菓子舗「ルタオ」のチョコレート。

ベネズエラ産カカオをブレンドしたオリジナルチョコレートをダージリン紅茶で仕上げたやや硬めのチョコレートにココアパウダーをまぶしている。
 

「王家の山」と言われるように、エジプトのピラミッドを連想させる、独特の三角錐の形をしている
 

 

 

 

 

 

ロイヤルモンターニュのパッケージ

甘さをかなり抑えたチョコレートとダージリンティーの花のようなほんのりとした香りがバランス良く、上品で奥深い味わいを醸し出している。

他にロイヤルモンターニュ 「ルージュ]」があり、こちらは木イチゴを原料としたお酒のフランボワーズを練り込み、フルーティーな香りの上品なチョコレートになっている。

 

 

 

letao-shop_honten.jpg※ルタオの名の由来

「小樽の親愛なる塔」を意味する「La Tour Amitie Otaru」の頭文字をアレンジし、「ルタオ(letao)」と名付けられた。

寿製菓が1996年に廃業寸前だった千歳市のチョコレート工場を買収したのが始まりで、当初は千歳空港内での販売を主力としていたが、後に観光地の小樽市に販売店舗を置くようになった。

やがて、ドゥーブルフロマージュの大ヒットとともに、その名を全国に知れ渡るようになっていった。
 

 

 


ロイヤルモンターニュ

ロイヤルモンターニュ ルージュ

取り寄せはこちらからも可能

 

長沼町 かねひろジンギスカン

長沼町 かねひろジンギスカンジンギスカン文化が深く根付いている町・長沼の「かねひろジンギスカン」

昭和39年に長沼町の一軒の小さな精肉店「広川精肉店」で誕生したのが始まり。

 

当時、町では多くの綿羊が飼育され、ジンギスカン文化がすでに誕生してたが、先代の社長は「幅広い年代に愛される味」を目指し、多くの人に親しんでもらえるジンギスカン作りを始めた。

 

 

 

 

かねひろジンギスカン 本店かねひろジンギスカンは、良質の肉を創業当時から変わらぬ秘伝のたれに漬け込み、いまもその当時の味を受け継いでいる。
美味しさを一番に考え、そのために保存料や防腐剤は一切使用していない。
それだけに一週間しか日持ちしないため、それを理解している販売店にしか卸しておらず、スーパーでもあまり見かける事はない。

 

佐藤ジンギスカン、長沼ジンギスカン、そしてかねひろジンギスカンと長沼町には3つのジンギスカンがあるが、それぞれ味付けが異なっている。

かねひろジンギスカンは醤油ベースにリンゴをはじめさまざまな果物と野菜をブレンドした少し甘じょっぱい味付けにになっている。

※参考までに、長沼ジンギスカンはニンニクベース、佐藤ジンギスカンはフルーツを使用した甘めとなっている。

 

ジンギスカンの肉には大きく2種類がある。

<マトン>

2齢以上の羊肉(マトン)の脂身や不要なスジを手作業で丹念に取り除き、程よく残った脂身が焼けると香ばしい。

<ラム>
生後1年未満の子羊。肉質は柔らかく、羊肉独特の香りも少なく、味はあっさりしている。

 

 

 

 

小樽ルタオのドゥーブルフロマージュ

小樽洋菓子舗ルタオ 」は北海道を代表する洋菓子舗。

 

北海道産の材料にこだわり、生クリームの原料である生乳はすべて北海道産のコクのある牛乳。

卵は羊蹄山麓「石川養鶏場」、小麦粉も北海道産の中でもさらに厳選された上質のものを使用している。


 

 

 

 

letao-shop_honten.jpg

 

そのルタオの代表的なスイーツが「奇跡のチーズケーキ」とも呼ばれている「ドゥーブルフロマージュ 」である。世界中から厳選されたチーズとルタオ特製の生クリームなどを使用し、クリームチーズのベイクドチーズケーキとマスカルポーネチーズのレアムースチーズの2層仕上げになっており、なめらかにとろけるような口どけに仕上がっている。

 

 

 

 


ドゥーブルフロマージュ

ショコラドゥーブル

シンデレラ デ フロマージュ

 

 

 

ティンカーベルのチーズ・ベーク

ティンカーベルのチーズ・ベーク北見市のケーキハウス、ティンカーベルのチーズケーキ。


4種類のチーズと手作りのカスタードクリームをブレンドし、北海道産小麦でつくったパイ生地に包みこんで焼き上げている。
 

チーズは北海道産やオーストラリア産を使用し、表面は香ばしく切ると中から濃厚な風味とクリーミーなチーズがとろりと出てくる。

 

 

 

 

 

 

もりもとのハスカップジュエリー

もりもとのハスカップジュエリー

北海道特産品の果実「ハスカップ」ジャムとバタークリームをクッキーでサンドにさらに周囲をチョコレートで縁取りしている。

 

ハスカップの甘酸っぱさとまろやかなバタークリームと風味豊かでさくさくとしたクッキーの歯触りの良さが人気。

 

 

 

 

 

 

ハスカップジュエリー

うす焼きのクッキーはフレッシュバターにこだわり、風味と歯ざわりよくサクサクした食感に仕上がっている。


チョコレートにはフランスのバローナ製クーベルチュールを使用し、甘さと苦みのバランスが程よく、まろやかな味わい。

 

管理人の私も先日いただき物を食べたばかり。

ハスカップジャムの甘酸っぱさが丁度良くクッキーとマッチしており、好きなお菓子の一つとなった。