農産加工品一覧表

北海道のそば 北海道のそば

北海道のソバの作付面積は1万9千ヘクタール(2011年時点)で、日本の作付面積の34%にもおよぶ。 昭和45年以降の米の減反政策で米からソバへの転作を余議なくされた事情に加え、冷涼で一日の寒暖の差が激しい気候が良質なそばが出来る条件に合っていた事もあり、現在は日本を代表するソバの生産地となった。 道内では石狩・空知・上川地方、十勝地方、釧路地方などが主な生産地となっている。 中でも幌加内町は作付面積約3000ヘクタールと最…   続きは>>こちら

びらとりトマト「ニシパの恋人」 びらとりトマト「ニシパの恋人」

ニシパの恋人」北海道一の出荷量を誇る平取トマトやその加工品をブランド化した名称。     「ニシパ」とは、アイヌ語で「長老」「紳士」などの意味を持ち、首長が健康な体を保つために真っ赤に熟れたトマトを毎日食べ、恋人のように愛したというところから、昭和61年にネーミングされた。               平取町のトマトは…   続きは>>こちら

ノースファームストックのミニトマトボトル ノースファームストックのミニトマトボトル

岩見沢にあるノースファームストック(North Farm Stock)では、良質の素材が持つ味をそのままに提供するため、大量生産はせず、生産量も限定し、ひとつひとつしっかりと商品を作っています。 中でも、「ミニトマトボトル」は北海道産ミニトマトのキャロル7を一瓶に160個ほど使用したトマトジュースです。 糖度の高い品種キャロル7の、濃厚でとろっとした甘みが特徴で、ミネラル、リコピンなどの栄養が豊富に含まれています。  …   続きは>>こちら

幌加内産そば 幌加内産そば

 幌加内(ほろかない)町は日本一のそばの里 昭和45年、長期化する米の減反政策の中で、幌加内町の農業は米からそばの栽培へと転作を余儀なくされていました。 そばは冷涼な気候を好み、長い日照時間、やせ地で水はけのよい土地が適していると言われ、さらに夜の冷え込みと日中の気温上昇の差を和らげる朝霧の発生しやすいことから、幌加内町はそばにとって絶好の土地でした。 さらに、乾燥施設の充実と生産技術の向上によって、現在では作付…   続きは>>こちら

当麻町のトマトジュース シシリアンルージュ 当麻町のトマトジュース シシリアンルージュ

北海道旭川市に隣接した地にある、当麻町の特産品は米、でんすけスイカ、そしてトマトがあります。 大雪山系の麓の昼夜の寒暖の差が大きい気候は美味しいトマトの栽培に非常に適しています。 トマトジュース「シシリアンルージュ」は、当麻町の農地で有機農法によって育てられたトマトの品種のひとつ、シシリアンルージュ100%濃縮してつくられたジュース です。 味の特徴は「からみつくような濃厚な旨み」 さらに安全安心のマークJASマークがついて…   続きは>>こちら