スイーツ一覧表

てしお温泉夕映のてしおChuChuプリン てしお温泉夕映のてしおChuChuプリン

天塩町の温泉施設てしお温泉夕映で販売しているマヨネーズのようなチューブに入った、新感覚のプリン 2010年テレビで紹介されて以来一気に人気が上がり、いまや天塩町の名物となっている。 素材にもこだわりがあり、卵はえさや水にこだわった旭川の国産卵、牛乳はサロベツ原野の自然の中で育った乳牛から搾られた濃厚で味わい深い「豊富牛乳」を使用している。   てしお温泉夕映   食べ方 食べ方は、そのネーミ…   続きは>>こちら

国産原料にこだわったポテトチップス 国産原料にこだわったポテトチップス

どこまでが名前なのかちょっと分かりにくいかもしれないが、「国産原料にこだわったポテトチップス」がそのまま商品名になっている。 空知平野の中心にある深川油脂工業がくつっているポテトチップ その名の通り、使う材料にこだわりがあり、 油は国産のこめ油 イモは北海道産の馬鈴薯 塩はオホーツクの塩 を使用している 特に馬鈴薯はポテトチップスに適した糖度の低い品種である、ワセシロ、トヨシロ、スノーデン、きたひめなどを使用してい…   続きは>>こちら

ルタオのチーズケーキ ヴェネチア・ランデヴー ルタオのチーズケーキ ヴェネチア・ランデヴー

a8adscript('body').showAd({"req": {"mat":"25GKNS+66O50Y+2N64+BWGDT","alt":"商品リンク","id":"2i0RSQK-g7-p1HAuPp"},"goods": {"ejp":"h"+"ttp://www.letao.jp/products/detail.php?product_id=31","imu":"h"+"ttp://www.letao.jp/user_d…   続きは>>こちら

マルセイバターサンド マルセイバターサンド

マルセイバターサンドは、帯広の六花亭を代表するお菓子。 同社の販売額の4割近くを占めており、北海道のお土産としての知名度も高い。   六花亭専用の小麦粉で作ったビスケットの間に、ホワイトチョコレートと北海道産生乳100%のバターとカリフォルニア州産のレーズンをあわせたクリームをサンドしている。 サクッとした歯触りのビスケットの中から程良い甘みクリームとレーズンの食感が、バランス良く美味しさを引き出している。…   続きは>>こちら

稚内牛乳の牧場 アイスクリーム 稚内牛乳の牧場 アイスクリーム

稚内牧場の牛乳を使用したアイスクリーム   稚内牛乳は、牛乳に含まれている脂肪球を均質化(ホモナイズ)していないノンホモナイズ牛乳であり、これによって牛乳本来の風味を損なわないようにされている。 さらに牛乳は本来130度で2秒の短時間で殺菌されており、それによって殺菌精度も高いのだが、その代わり牛乳本来の風味も損なわれてしまう。 この点も、稚内牛乳は65度30分の低温殺菌法(LTLT)を採用しているため、風味を…   続きは>>こちら

じゃがポックル じゃがポックル

「かっぱえびせん」や「ポテトチップス」などで有名なカルビーが発売しているスナック菓子であり、、カルビー千歳工場でのみ生産されている北海道限定商品。 北海道産のじゃがいもを厳選し、じゃがいもの風味と旨みをそのまま残すため皮つきのままカットし、独自の製法でサクサクした食感を出している。 使用する塩もオホーツクのサロマ湖の焼き塩を使用し、香ばしさを引き出している。   元々は2002年に「ぴゅあじゃが」という名称…   続きは>>こちら

ルタオのチョコレート ロイヤルモンターニュ ルタオのチョコレート ロイヤルモンターニュ

小樽の洋菓子舗「ルタオ」のチョコレート。 ベネズエラ産カカオをブレンドしたオリジナルチョコレートをダージリン紅茶で仕上げたやや硬めのチョコレートにココアパウダーをまぶしている。   「王家の山」と言われるように、エジプトのピラミッドを連想させる、独特の三角錐の形をしている。             甘さをかなり抑えたチョコレートとダージリン…   続きは>>こちら

小樽ルタオのドゥーブルフロマージュ 小樽ルタオのドゥーブルフロマージュ

「小樽洋菓子舗ルタオ 」は北海道を代表する洋菓子舗。   北海道産の材料にこだわり、生クリームの原料である生乳はすべて北海道産のコクのある牛乳。 卵は羊蹄山麓「石川養鶏場」、小麦粉も北海道産の中でもさらに厳選された上質のものを使用している。           そのルタオの代表的なスイーツが「奇跡のチーズケーキ」とも呼ばれている「ドゥーブルフロ…   続きは>>こちら

ティンカーベルのチーズ・ベーク ティンカーベルのチーズ・ベーク

北見市のケーキハウス、ティンカーベルのチーズケーキ。 4種類のチーズと手作りのカスタードクリームをブレンドし、北海道産小麦でつくったパイ生地に包みこんで焼き上げている。   チーズは北海道産やオーストラリア産を使用し、表面は香ばしく切ると中から濃厚な風味とクリーミーなチーズがとろりと出てくる。             …   続きは>>こちら

もりもとのハスカップジュエリー もりもとのハスカップジュエリー

北海道特産品の果実「ハスカップ」ジャムとバタークリームをクッキーでサンドにさらに周囲をチョコレートで縁取りしている。   ハスカップの甘酸っぱさとまろやかなバタークリームと風味豊かでさくさくとしたクッキーの歯触りの良さが人気。             うす焼きのクッキーはフレッシュバターにこだわり、風味と歯ざわりよくサクサクした食感に仕上…   続きは>>こちら

柳月の三方六 柳月の三方六

十勝地方の菓子製造メーカー柳月が作っている、北海道土産としても人気の高いバウムクーヘン。 北海道開拓100年を記念し、1965年から作られている伝統菓子であり、「三方六」名前は三方六寸に切られた薪をイメージして付けられている。 表面の縞模様は、ミルクチョコレートとホワイトチョコレートで白樺の木肌を表現している。 材料には十勝産の小麦、北海道産のバターや砂糖・卵を使用し、北海道にこだわりをもって作られている。  …   続きは>>こちら

うずらのプリン 室蘭うずら園 うずらのプリン 室蘭うずら園

めずらしいうずらの卵を使ったプリン 室蘭は「鉄のまち」と言われるように工業が中心であまり特産品はないのですが、「うずらのプリン」は室蘭を代表する特産品と言えるでしょう。 このプリンを製造販売してる「室蘭うずら園」は昭和36年にうずらの飼育をはじめ、昭和40年に香川町で「室蘭うずら園」として、本格的にうずらの飼育と卵の販売を始めました。     本来、うずらの卵には特有の臭みがあるのですが、「室蘭…   続きは>>こちら

トワ・ヴェールのアイスクリーム トワ・ヴェールのアイスクリーム

黒松内町特産手づくり加工センター(トワ・ヴェール)のアイスクリーム。 ぶなの原生林の日本最北端の地にある黒松内町の大自然の中でのびのびと育った牛から搾った新鮮な牛乳をそのままアイスクリームにしています。 乳化剤を一切使わずに牛乳本来のおいしさをデザートに生かし、とろける舌触りとさわやかな味わいのアイスです。           トワ・ベール 黒松内の雄大な自然を…   続きは>>こちら

六美の和三盆ロール小樽(こたる)くん 六美の和三盆ロール小樽(こたる)くん

小樽の老舗菓子舗である六美(ろくみ)が作っているロールケーキです。 このお菓子の特徴は、和三盆糖という高級和菓子に使用されてる、砂糖を使用していることです。 和三盆糖とは、徳島産の竹糖(ちくとう)と呼ばれるサトウキビの品種から獲れるさとうで、口どけのよさと、淡白で上品な甘さを持った砂糖で、通常の砂糖の10倍の価格がするそうです。 和三盆ロール小樽くんは北海道産の上質な牛乳を使用した生クリームの美味しさと和三盆糖とを伝統的な…   続きは>>こちら

わらく堂の北海道スイートポテト わらく堂の北海道スイートポテト

テレビでも紹介された人気のスイーツ、札幌の菓子店わらく堂の「北海道スイートポテト」 まるでオムライスのような独特の格好と1個400グラムとちょっと迫力のある大きさも印象的です。 サツマイモの皮半分の上に、バターを使って味付けし練り上げたサツマイモをのせて表面をこんがりと焼き上げています。 サツマイモは北海道ではあまり生産されていないので、茨城産の紅吾妻使用していますが、バターと生クリームは北海道の生乳を原料に使われいます。…   続きは>>こちら

ジャムおばさんの富良野ジャム ジャムおばさんの富良野ジャム

富良野市麓郷(ろくごう)にある富良野ジャム園でつくられている手作りジャム ハスカップ、りんご、イチゴ、こけもも、ブルーベリー、かぼちゃなど38種類もの果物や木の実、野菜などからつくられており「ジャムおばさんのジャム工房」から販売しています。 昔ながらの手間ひまをかけたジャムで、砂糖を少なめにし素材本来の甘みや酸味を大事し、防腐剤や合成剤、着色料などは一切使用されていません。     ジャム工房の店内…   続きは>>こちら

柳月 ユキピリ花 柳月 ユキピリ花

北海道らしく、雪の結晶をイメージしてつくられたユニークなお菓子です。 それが、十勝地方音更町のお菓子の老舗、株式会社柳月を代表するお菓子です。 「ユキピリ花」は珍しく、小麦粉を使わす100%米粉を使用しています。 口の中でホロリと砕けて、フワーッと溶けていく食感と甘さは新しく不思議な感覚で、まさに舞い降りた粉雪が溶けていくイメージです。           &n…   続きは>>こちら

六花亭 ストロベリーチョコ 六花亭 ストロベリーチョコ

帯広のお菓子の老舗 六花亭のお菓子の中でもストロベリーチョコは特に人気の高い商品です。 フリーズドライにした丸ごと1個のイチゴにチョコレートがコーティングされたスイーツです。 口に入れてかじってみると、サクッとしたフリーズドライの歯触りとチョコレートのまろやかさが独特の食感を作り出しています。 風味を損なうことなくフリーズドライされた、イチゴの甘さと酸味とチョコレートの甘さが本当によくマッチしていて、私も大好きなスイーツで…   続きは>>こちら

夕張メロン ピュアゼリー 夕張メロン ピュアゼリー

夕張メロンピュアゼリー は「世界モンドセレクション」に於いて初出品で最高金賞を受賞しており、また、日本航空機内茶菓でも永年つかわれている位に評価の高いスイーツです。 私の感想~言わせてもらうと、メロンを使ったお菓子類においしいと言われるものは殆どないと思っています。 キャンディーにしろ、キャラメルにしろ、またクリームに混ぜても、独特のメロンのにおいや味がどうしても、他の材料とマッチしている気がしないのです。 「やはりメロン…   続きは>>こちら

苫小牧 三星のよいとまけ 苫小牧 三星のよいとまけ

「よいとまけ」は苫小牧を代表するお菓子と言えます。 テレビの人気番組「秘密のケンミンSHOW!」でも紹介され、日本一食べにくいお菓子としても有名になりました。 「食べにくい」と言っても、決して美味しくないと言う意味からではありません。 ロール状になったカステラの上に、ベトベトのハスカップジャムが塗られ、それをオブラードで包まれており、それが丸ごと1本の状態なので、食べやすいようにナイフで切ろうにも、オブラートが邪魔をするた…   続きは>>こちら

菓子処 梅屋のみんなの白くま 菓子処 梅屋のみんなの白くま

「菓子処 梅屋」は北海道旭川市で大正3年創業の老舗です。 90年の長い歳月にわたり、北の風土に根ざしたお菓子づくりを続けてきました。 北海道産の素材を多く使用し、和菓子、洋菓子ともに人気が高いお店です。 和菓子では、北海道産の小豆を使用した「星の梅」、 洋菓子では北海道の牛乳や卵をつかった、生シュークリームや各種ケーキも評判です。         旭川と言えば、色々…   続きは>>こちら

きのとやの酪農チーズプリンと北海道いちごプリン きのとやの酪農チーズプリンと北海道いちごプリン

洋菓子のきのとやと言えば、テレビや雑誌でも有名になった札幌の洋菓子の有名ブランド 私も、たまになんですがきのとやのケーキを買うことがありますが、本当においしいですね。 そのきのとやでは、北海道産の原料にこだわったスイーツもたくさん、つくられています。 その中に「酪農チーズぷりん」と「北海道いちごプリン」があります.。    左の写真は「酪農チーズプリン」 素材には、北海道美瑛産の牛乳と北海道産の…   続きは>>こちら

ROYCE'(ロイズ)の生チョコレート ROYCE'(ロイズ)の生チョコレート

  ROYCE'(ロイズ)の生チョコレートと言えば、チョコレートでは、いまやすっかり北海道を代表するおみやげ品の定番となっていますね。 道内の観光地をめぐっても、あちこちで土産コーナーの店頭に並んでいますし、直売店も目にします。 私も、ロイズのチョコレートは大好きでよく買いますが、香りのいいチョコレートパウダーでふんわり包まれた、やわらかで濃厚なチョコレートが口の中で溶けてひろがる優しい味わいがとても気に入っ…   続きは>>こちら

石屋製菓「白い恋人」 石屋製菓「白い恋人」

北海道を代表するお菓子の老舗として、石屋製菓の「白い恋人」。 管理人も時々お土産などでもらって食べる事はありますが、クッキーのサクッとした歯ざわりと、ホワイトチョコレート程よい甘さが、口の中に広がって、本当においしいと思います。 一時賞味期限問題で話題になってしまいましたが、現在はお客様の信頼を回復すべく、気持ちを新たにしっかりと取り組んでおられるようです。 最近、(2011年)「面白い恋人」が注目を浴びて、ちょっともめ…   続きは>>こちら

牧家の「白いプリン」 牧家の「白いプリン」

    最近白いプリンの人気が高まってきていて、テレビでも各地の「白いプリン」や「牛乳プリン」が紹介されています。 私の住む室蘭の隣町「北の湘南」と呼ばれている伊達市には、株式会社牧家(ぼっか)のちょっと珍しいオリジナルプリンが販売されてます。 北海道の中でも、特に気候の温暖な伊達市の 農場で育った健康な牛からとれた新鮮な牛乳で作られたプリンは、小さな風船の中につめられていて、食べるときはお皿の上に乗せて…   続きは>>こちら