魚卵・うに一覧表

礼文島産一夜漬純粒うに 礼文島産一夜漬純粒うに

日本最北限の島である利尻・礼文島は北海道有数の漁場であり、中でもウニ漁が盛んな事でも知られている。 うには鮮度を保つ事が難しく、通常はミョウバンに漬けて商品化されるものが多いが、稚内の水産加工業者である「佐賀孝郎商店」では、礼文島の赤ウニを、獲れたての鮮度の良いうちに塩水に短時間漬けこみ、水分を切ったものをビン詰めにして販売しており、生うにの風味を損なわずにそのまま味わう事ができる。 栄養分豊富な利尻昆布をたっぷりと食べて育った…   続きは>>こちら

散布のエゾバフンウニ 散布のエゾバフンウニ

北海道のエゾバフンウニが美味しいのは私が言うまでも無い事ですが、地域によって漁が出来る時期も違ってきます。 おおざっぱに言うと、日本海側では6月~9月、噴火湾側だと12月から5月、オホーツク海側は3月から9月、太平洋側だと11月から5月(2月を覗く)のようです。 ですから、太平洋に面した道東の散布方面では11月から春までが漁期となります。 ご存知のように、エゾバフンウニはとげが短く、芝生を連想させるように草色をしており、中…   続きは>>こちら

知床とえりものえぞばふんうに 知床とえりものえぞばふんうに

北海道のウニがおいしいのは改めて述べるまでもないでしょう。 特にえぞばふんうには濃厚な旨みと、甘みで最高の味とされています。 獲れたての生うには格別のおいしさですが、鮮度が落ちやすいため、多くの食品店に出回っているものは、保存性を高めるためミョウバンやアルコールにつけられているものが一般的ですが、当然食味は落ちてしまいます。 えりも漁協や羅臼漁協では、獲れたてのウニの美味しさをそのままお届けするため、滅菌処理した海水に生…   続きは>>こちら

秋鮭筋子 秋鮭筋子

鮭の卵巣に入った卵を「筋子(すじこ)」と呼びますが、一般には生ではなく、塩蔵加工したものをそう呼んでいます。 筋子はその呼び名の通り、筋(すじ)のようなものがついた卵巣膜でつながっていているためそう呼ばれています。 卵巣膜からバラしたものはイクラですが、こちらはある程度成熟した卵が適しています。 北海道ではイクラと並んで筋子もよく食べられていますが、本州の方には馴染みがない人も多いかもしれませんね。 イクラはツブツブとし…   続きは>>こちら

お刺身用 数の子 お刺身用 数の子

パリパリとした歯ごたえと、プチプチとした食感 「黄色いダイヤ」と呼ばれていたくらい、いくら、たらこと並ぶ魚卵の中でも数の子は高級な食材です。 かつては留萌沿岸を中心にニシンが大量に獲れた時代がありましたが、昭和30年を境に漁獲量が激減してしまいました。 近年、若干ではありますがニシンも戻ってきてはいますが、まだまだ国産品を原料とした数の子が多く出回るまでには至っていません。 カネキタ北釧水産で販売しているお刺身用「お造…   続きは>>こちら

虎杖浜 松田水産のたらこ 虎杖浜 松田水産のたらこ

白老町の虎杖浜(こじょうはま)は日本一のたらこの加工地として有名で、白老町の特産品として「虎杖浜産のたらこ」はブランドが確立されています。 登別と白老町にまたがったこの周辺には数多くのたらこの加工・販売業者がありますが、実際に虎杖浜で水揚げさるたスケソウダラは漁獲量も少ないため、冷凍された輸入の魚卵を解凍後、加工しているものもあります。 カネシメ松田水産は、大正2年創業で90年以上も伝統の味を守り続けている最古参のたらこの老…   続きは>>こちら

北海道のたらこ 北海道のたらこ

   ほどよい塩加減とプチプチとした食感、白いご飯のお共にも、たらこは人気があります。 また、たらこスパゲティーや、焼きたらこ、その他アイデア次第で色々な料理に使うこともできます。 たらこの本場は北海道、特に虎杖浜は名産地として全国に知れ渡っていますが、その他古平はじめ各地で加工・生産されています。     特に、虎杖浜の「前浜産」と言われるたらこは、近海で水揚げされたスケソウ…   続きは>>こちら

いくら醤油漬け いくら醤油漬け

宝石のような輝き、最高の旬の味覚!いくら       いくらは9月中旬頃から北海道の沖合いで獲れる鮭の卵(筋子)からすばやく皮をむいてばらした卵です。 おいしいイクラをつくるには、新鮮さを保つためのすばやい作業が決め手です。 あったかいご飯にいくらをたっぷりとのせていくら丼はいかがでしょう? そのプチプチとした歯ごたえ、独特の甘さを備えた豊かな風味は、他に何もいらなくなります。…   続きは>>こちら

北海道浜中町産の生えぞばふんうに 北海道浜中町産の生えぞばふんうに

「うに」と言えばやはり北海道産のえぞばふんうにが最高! 北海道のきれいな海、良質の昆布をたくさんたべて育った釧路管内のうには貴重で、最高級品と言われています。 北海道のうには晩秋から真冬にかけて漁が行われています。 北釧水産さんではその貴重な浜中の海でとれた生うに(えぞばふんうに)を海水と同じ塩分濃度の塩水につけ、鮮度を損なうことなく、お届けしています。 無添加で苦味も全くありません。 その濃厚で甘いウニの味をご自宅…   続きは>>こちら