> ホテルニューバジェット札幌 - 北海道のおすすめスポット

ホテルニューバジェット札幌

札幌ニューバジェット外観

3月3日札幌のホテルニューバジェット札幌 に宿泊しました。

翌日にある検定試験の受験があるため、室蘭から当日の朝出てくることも可能ですが、この季節天候が悪化した場合、遅刻する恐れも想定されます。

会社からは宿泊費用は出ないのですが、万全を期すために前泊をしました。

場所は南3条西6丁目なので、ススキのにも狸小路や大通りにも近く便利な立地です。

フロントに行くとカード型のルームキーを渡され、まず先に自動の清算機で前払いする。

ビジネスホテルらしく何ともあっさりとした仕組みだが、その分スタッフがとても感じの良い、笑顔で応対してくれました。

駐車場もチェックインの前から利用させてもらい、次の日も10時チェックアウトなのですが、試験が終わるのが12時になるので、13時くらいまで停めさせてもらえるか尋ねると快く、しかも無料で利用させてもらえました。

 

バジェット札幌のシングルルーム

シングルルーム

部屋はビジネスホテルとしては標準的な広さ。

明るく、清潔感もあり、ベッドはセミダブルなので、まずまず快適です。

 

 

 

 

ニューバジェット札幌の室内と机

室内は標準的に、バスルームと机、テレビ、冷蔵庫が備えられています。

インターネット回線も有線LANで利用できます。

ドライヤーは机の横に備えられていました。

 

 

 

 

 

ニューバジェット札幌のバスルーム

バスルームには、石鹸、歯ブラシ、カミソリは設置されていません。

フロントで必要かどうか聞かれ、持参してきていない場合は無料でもらえる仕組みになっています。

さらに、シャンプー、リンス、ボディーソープも小瓶で置いてあるのではなく、写真右上のように、ディペンサーのボタンを押すと適量出てくるようになっています。

コスト削減の意図もあるのでしょうが、無駄なゴミを出さないための配慮でもあります。

確かに、固形石鹸などはちょっとでも浸かってしまえばそのままゴミとなり、環境破壊にもつながりますね。

ここばかりではなく、多くのビジネスホテルですでに、取り入れているのでしょうが、これは本当に良いことだと思いました。

ビジネスホテルばかりではなく、デラックスなリゾートホテルなどでも大いに取り入れるべきだと感じました。

 

ニューバジェット札幌の朝食

朝食つきの格安プランで宿泊したので、朝は1階でパンとコーヒー、オレンジジュースで朝食をとりました。

この日は、クロワッサンとミルクパンでしたが、焼き立てでクロワッサンはサクサク。ミルクパンも程よいミルクの風味と甘さでどちらもとても美味しかった!

 

 

 

 

 

私は、めったに札幌に出張することもないし、ましてや宿泊するのは珍しいことですが、ビジネスはもちろん札幌市内観光する方にも手軽で良いホテルだと思います。

 

 ホテルの詳細はこの左の写真をクリックするとジャンプします。

所在地の地図


≪ ひとつ前の記事:美瑛の青い池 |  HOME  |   次の記事:苫小牧 あんかけ焼きそば 一楽亭 ≫

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30