松前漬

ぎょれんの松前漬

松前漬はその名の通り、松前藩(現在の松前郡松前町周辺)が発祥の郷土料理です。

数の子が豊富にとれていた時代に、余った数の子とスルメと昆布を合わせ、塩で漬けこんだものでした。

数の子が獲れなくなると、スルメと昆布を主体したものが主流となっていき、味も醤油をベースに味付けしたものに変って行きました。

松前漬は、昔ながらに数の子を多く使用し、スルメと昆布をタレに漬け込み、熟成させた粘りのある珍味となっており、材料も全て北海道産にこだわっています。

スルメと昆布の旨みが引き出され、スルメと数の子の歯ごたえがよく、酒の肴にもご飯にもよく合います。

 

 

 

 

 

 

 

 

≪ ひとつ前の記事:白老牛「あべ牛」の極上ハンバーグ |  HOME  |   次の記事:松前産 ヤリイカ ≫