美瑛産グリーンアスパラ

| トラックバック(0)

北海道美瑛産グリーンアスパラ

アスパラガスの主要産地は全国で栽培されていますが、主要産地としては北海道、長野県、栃木県、鹿児島県などとなっています。

地中海東部が原産地で、オランダキジカクシ、マツバウドなどとも呼ばれていたこともあり、中には観葉植物にされていた種類もあるそうです。

日本に食用として導入されたのは明治時代で、大正時代にはホワイトアスパラとして缶詰にされ、欧米に輸出されていました。

ビタミン類が豊富な野菜で、今ではすっかり日本にも定着しています。

 

 

 

美瑛町の畑北海道の中では富良野周辺、名寄市が特に代表的な産地になっています。

すんだ空気と、きれいな水、栄養タップりな大地、それに加え、富良野・美瑛町の日中と夜の寒暖差の激しい気候が糖度が高く、シャキッとしたアスパラに成長させます。

 

 

 

 

 

 

 

美瑛産グリーンアスパラのパッケージ

北海道での露地物の収穫期は5月~7月初旬ですが、左の画像をクリックすると美瑛産のグリーンアスパラの予約注文もできます。

アスパラは生命力が強く、収穫後も活発に呼吸しています。放置しておくと、数時間で鮮度を失ってしまいます。鮮度を維持したまま届けるには「呼冷」という冷却を行って活動を停止した状態にすることが必要です。

本格時期になると、品切れすることもありますから予約しておくのもいいかも知れません。

 

 

 

 

 

美唄産グリーンアスパラ L1.0kg
期間限定!JAびばいのグリーンアスパラ「雪蔵美人」
価格:4,000円(税込)
販売元:北海道ぎょれん

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/263

≪ ひとつ前の記事:六美の和三盆ロール小樽(こたる)くん |  HOME  |   次の記事:トワ・ヴェールのアイスクリーム ≫