北海道米 ふっくりんこ

北海道米 ふっくりんこのサムネイル画像

北海道の米ふっくりんこは、見た目にも食感にもふっくらとしとしており、つやもある。

北海道立道南農業試験場(現・北海道立総合研究機構農業研究本部道南農業試験場)が、寒さに強い「ほしのゆめ」と、美味しいといわれる米国品種「国宝ローズ」を祖先に持つ系統「空系90242B」とを交配させ開発した品種で「きらら397」など他の道産米に比べ粘りと柔らかさがあるのが特徴。

元々は道南で生まれたが、やがて空知などに産地がひろがっていった。

「ふっくりんこ産地サミット」が開催され、厳しい品質基準が獲り決められ、その基準に合格した米だけを出荷するようにしている。

 

 

 

 

≪ ひとつ前の記事:エーデルワイスのハム・ソーセージ |  HOME  |   次の記事:びらとりトマト「ニシパの恋人」 ≫