エーデルワイスのハム・ソーセージ

エーデルワイスのハム・ソーセージ

北広島市にあるエーデルワイスファームのハム・ソーセージは、およそ70年前に北海道で牧場をはじめ、自家用として家族で食べるために作りだしたのが始まり。
1986年にホテルの要請があって商品化がされた。

エーデルワイスのハム、ベーコンの製造方法は、本場ドイツでも行われなくなった古典的製法「長期氷温熟成」を行っている。
多くのハムは1週間くらいの期間で製造されるが、ここでは4週間もの時間をかけて塩漬け・熟成をさせて肉のうまみを限界まで引き出している。

 

 

 

edel-wise-002.jpg


スモークに使用する薪にもこだわりを持ち、カシワ・ナラの木を100%しようし2年もの歳月をかけて乾燥させ、職人によって厳選されたものを使用している。

 

 安心・安全のため、保存料、着色料、酸化防止剤などの添加物は一切使用せず、自然の色合いと風味を味わう事ができる。

 

 

 

エーデルワイスのロースハム

ロースハム

やわらかな燻製の香りが風味を味わう事が出来る。
 

 

 

 

 

 

エーデルワイスのベーコンベーコン

とろけるような脂身と燻煙の香りが拡がる

 

 

 

 

 

 

エーデルワイスのソーセージ

ソーセージ

厳選された素材に最高級のスパイス、天然塩を使用。

粗挽きの肉を温度によって味を落とさぬよう職人によって手早く手作業で腸詰めされる。

「ツナギ」を使用していないため、肉本来の美味しさが楽しめる低脂肪のソーセージ。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

≪ ひとつ前の記事:釧路地方のししゃも |  HOME  |   次の記事:びらとりトマト「ニシパの恋人」 ≫