釧路地方のししゃも

ししゃも

鵡川とならんで太平洋岸東部の白糠から釧路にかけての一帯も、鵡川と並びシシャモの産地として有名。

 

「ししゃも荒れ」と呼ばれる10月の木枯らしが吹くと、「ししゃも漁」の季節である。
この地方ではししゃもこぎ網漁業という方法で、遡上のために沿岸へ集まってくる「ししゃも」を捕る。
捕れた「ししゃも」は船の上や岸で選別されて、すぐに競りに掛けられる。

 

ししゃもが海岸に集まって遡上をはじめる約1ヶ月ぐらいの短い季節漁だけに、大きな盛り上がりを見せる、まさに秋から冬への風物詩と言える

 

 

 

 

 

≪ ひとつ前の記事:柳月の三方六 |  HOME  |   次の記事:エーデルワイスのハム・ソーセージ ≫