礼文島産一夜漬純粒うに

礼文島産一夜漬純粒うに日本最北限の島である利尻・礼文島は北海道有数の漁場であり、中でもウニ漁が盛んな事でも知られている。

うには鮮度を保つ事が難しく、通常はミョウバンに漬けて商品化されるものが多いが、稚内の水産加工業者である「佐賀孝郎商店」では、礼文島の赤ウニを、獲れたての鮮度の良いうちに塩水に短時間漬けこみ、水分を切ったものをビン詰めにして販売しており、生うにの風味を損なわずにそのまま味わう事ができる。

栄養分豊富な利尻昆布をたっぷりと食べて育ったウニを原料としているため、とろけるような深い味わいと磯の風味は格別である。

ちなみに赤うにとはエゾバフンウニの事を指す。

 

 

 

 

 

 

≪ ひとつ前の記事:白貝(シロガイ) |  HOME  |   次の記事:稚内吉川水産のたこしゃぶ ≫