オホーツク海のタラバガニ

| トラックバック(0)

タラバガニ

 

タラバガニは「蟹の王様」の名がふさわしいほど豪快さと濃厚な旨さが魅力であり、英語でもred king club と呼ばれており、まさに蟹の王様と言える。

 

タラバガニの名前の由来は魚の「鱈(たら)」の獲れる漁場にいることから、その名をつけられた。

形態は大きいもので甲羅の幅が25センチ、脚を広げると1メートルになるものもある。

「カニ」の名がついているが、生物学上ではヤドカリの仲間

日本海、オホーツク海、ベーリング海を含む北太平洋と北極海のアラスカ沿岸などに広く分布しているが、日本では北海道に多く水揚げされており、北海道の味覚の一つになっている。

特にオホーツクの冷たい北の海には魚の栄養となるプランクトンが豊富にあり、それを食べながら厳しい海の中で鍛えられて育ったかタラバの味は格別である。

毛がにと並んで北海道の特産品、土産物として人気の高いタラバガニだが、近年の乱獲によって漁獲量は減少している。

 

茹でてそのまま食べるのが一般的だが、刺身でそのまま食べたり、色々な食材に加えて食べるなど、様々た食べ方ができる。

 

 

 

 

 

「蟹の匠」茹で上げ!本タラバガニ1.5kg前後
(約3人前/急速冷凍)
価格:8,620円(税込)
販売元:カネキタ北釧水産株式会社

 

「蟹の匠」茹で上げ!本タラバガニ1.7kg前後
(約3人前/急速冷凍)
価格9,770円(税込)
販売元:カネキタ北釧水産株式会社

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/99

≪ ひとつ前の記事:いくら醤油漬け |  HOME  |   次の記事:松尾ジンギスカン ≫