苫小牧産ほっき貝

| トラックバック(0)

苫小牧のホッキ

苫小牧産ほっき貝は今や北海道の水揚げ量トップの代表的なする水産品になりました。

ほんのりとした甘みとサクッとした食感は格別ですね。

苫小牧のほっき貝は栄養豊富な水深5~6mの海底で、最低でも5年間の成長を経て水揚げされます。

その漁法も独特で、「噴流式ケタ網」という、高圧水流を砂中の貝に吹きかけて掘り返すそうで、こうすることによって貝が傷つくのも防げるそうです。
 

 

新鮮なホッキはお刺身はもちろん、バターソテーの他、色々な料理の具材として使っても貝のうまみが料理にしみわたりおいしくいただけます。

苫小牧のホッキ

 

私は貝付きのまま網焼きにして殻が開いたところをバターと醤油をかけて、ワイルドに食べるのが好きですね。
キャンプの時にはよくそうやって食べたりしています。

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/94

≪ ひとつ前の記事:幻の北海道米 おぼろづき |  HOME  |   次の記事:まぼろしのサケ 鮭児 ≫