まぼろしのサケ 鮭児

| トラックバック(0)

まぼろしのサケ 鮭児

鮭児は1万匹に1匹しか獲れないとされ、「幻の鮭」とも言われています。

「鮭児」とは、日本の河川の生まれではなくロシアのアムール川の生まれで、知床半島付近を餌を求めてやってきた鮭です。
「鮭児」の名の通り、成熟前の若い鮭ですので一般の鮭よりも魚体は小ぶりですが、秋鮭の仲間にはない、繊細な霜ふりが見られます。

さらに、青味が勝った魚体で、尾びれがピンク色しているなどの特徴があり、脂肪の比率が通常のサケより極めて高く、刺身で食べると舌の上でとろける味は絶品です。

とろけるような脂身のうまみの中に、さわやかな香りがします。刺身でいただくのはもちろん、シンプルに塩焼きで食べるのもよし、また、アラも捨てずに大根と一緒に煮つけにして食べるのもいいです。また、寒い日にはアラ汁にして食べると心も体もあったまりますね。

まぼろしのサケ 鮭児 私が秋にツーリングで羅臼に行ったときに、鮮魚店の方は「いま買って冷凍しておいて、正月用に食べるんだよ」とお話をしてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【幻の鮭】鮭児(けいじ)【1切販売】

新品価格
¥2,980から
(2015/1/6 06:21時点)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/95

≪ ひとつ前の記事:苫小牧産ほっき貝 |  HOME  |   次の記事:松前産活えぞあわび ≫