シシャモは日本固有の魚

| トラックバック(0)

シシャモは世界の中でも北海道南部の太平洋沿岸の一部でしか獲れない、大変貴重な「日本固有」の魚。

ししゃも

漁期はシシャモが産卵のために川にそ上する、10月から11月の間の短い期間に限定されています。

水揚げされたししゃもは天日干しにされますが、この時期産地に行くと、店先などにすだれ状に吊るされている光景を見ることができ、秋の風物詩になっています。

 


最近では、機械乾燥をすることもあるようですが、やはり自然の風にあてることによって酵素の旨みが付着する、「天日干し」が一番です。 

 

 

カラフトシシャモ

 

よくスーパーの店頭やや居酒屋さんメニューにある「子持ちししゃも」のほとんどは、本物とよく似た「カラフトシシャモ」(キャペリン)というもので、外国から輸入されてる魚です。

シシャモとカラフトシシャモは同じキュリウオ科の魚ですが、本物のシシャモはシシャモ属で北海道太平洋岸でしか獲れません。
カラフトシシャモ(キャペリン)はマロータス属になり、主に北極海で獲れます。

本物に比べると、うろこが非常に小さく、脂びれ(背びれと尾びれの間)が大きいのが特徴です。

 

 

 

やわらかくふっくしらした身の中に 、卵の入ったツブツブした歯触りのメスもおいしいですが、脂がのって味のしっかりしたオスも格別ですね。

 

 

 

◆ししゃもにまつわるアイヌの伝説◆

昔、アイヌ民族が食糧がなく、飢餓で困っていた時、、人々がトカプチェプカムトと言う神様に祈願をしたところ、神様は河畔の柳の葉をつまんで川の中へ投げ入れました。
すると、その川から小魚が川一面に湧き上がり、人々は飢えから救われたそうです。
その小魚が、柳の葉に似ていいたため、柳の葉「シシュ」魚「ハモ」から「シシャモ」と名付け、神から賜った魚として大切にしたそうです。

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/111

≪ ひとつ前の記事:きのとやの酪農チーズプリンと北海道いちごプリン |  HOME  |   次の記事:北海道産のカキ ≫