秋鮭山漬け

| トラックバック(0)

秋鮭山漬け しょっぱいけど美味しい!昔なつかしい塩シャケの味

山漬けとは

秋鮭の身にしっかりと塩をすりこんで、「山」のように重ねていきます。

漬かり具合が均一になるよう毎日入替をして1週間すると昔ながらの「しょっぱい」鮭が出来上がります。

保存性が高まることもありますが、塩を振ることでタンパク質が分解され旨み成分である、アミノ酸が引き出され鮭独特の美味しさが生まれます。

 

 

 

秋鮭山漬けの切り身

いまはスーパーなどの店頭でも塩がたっぷりかかったしょっぱい鮭を見かけることが少なくなりましたし、確かに我が家の食卓にあがる機会も少なくなってしまいました。

先日、久しぶりに山漬けを食べると、「ああ、なつかしい」と、子供の頃よく食べいた味がよみがえりました。

まさに「しょっぱいけどおいしい」味で食欲がわき、小さな切り身でご飯を何杯も食べた記憶があります。

白いご飯のおかずに食べるのが一番だとおもいますが、お茶漬けにもぴったりですし、塩分が気になる方は塩抜きにしてから工夫次第で色々な料理の具材にも使えます。

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/223

≪ ひとつ前の記事:きたあかり |  HOME  |   次の記事:六花亭 ストロベリーチョコ ≫