札幌バルナバハム

| コメント(0) | トラックバック(0)

札幌バルナバハム

札幌バルナバハムはハムづくりの自然環境に適した北海道で、本物の味にこだわってハムをつくり続けています。

約30年前、ハム・ソーセージの本場ドイツの伝統的製法を学んだ5人がはじめました。

厳選された北海道産の豚肉を中心に使用し、保存料・着色料は一切使用していません。

香辛料

香辛料の味を主体とするハムではなく、肉本来の旨みをひきだす隠し味として、バランス良く使用しています。

 

札幌バルナバハム ロースハム

製造工程も、大量生産型のオートメーションではなく、本場ドイツの伝統製法である「漬け込み」システムで、手間・ひまをじっくりとかけてつくられています。

この漬け込みが、タンパク質をアミノ酸に変え、美味しさを引き出します。

 

ロースハム

肉本来の旨さが引き出されています。

まず、何もつけづに食べてみるといいでしょう。

 

 

札幌バルナバハム チーズウィンナーチーズウィンナー

マイルドスモークされたウィンナーの中に、チーズがたっぷり入っています。

他に玉ねぎ入りウィンナーもあります。

 

 

 

札幌バルナバハム ヴルストピアヴルスト(左)とシンケンヴルスト

ヴスストとはドイツ語でソーセージの事です。

ピアヴルストはガーリックが効いた味が特徴です。

シンケンヴルストはさっぱりとした味わいです。

 

ちなみに社名の「バルナバ」はヘブライ語の「優しさ・親しみ」が由来となっているそうです。

 

 

 

札幌バルナバハムの取り寄せはこちら からも出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/230

コメントする

≪ ひとつ前の記事:インカのめざめ |  HOME  |   次の記事:柳月 ユキピリ花 ≫