お刺身用 数の子

| トラックバック(0)

パリパリとした歯ごたえと、プチプチとした食感

「黄色いダイヤ」と呼ばれていたくらい、いくら、たらこと並ぶ魚卵の中でも数の子は高級な食材です。

かつては留萌沿岸を中心にニシンが大量に獲れた時代がありましたが、昭和30年を境に漁獲量が激減してしまいました。

近年、若干ではありますがニシンも戻ってきてはいますが、まだまだ国産品を原料とした数の子が多く出回るまでには至っていません。

カネキタ北釧水産で販売しているお刺身用「お造り」数の子も原料の魚卵はアメリカ産ですが、白糠の加工場で一本一本丁寧に作られています。

北釧路水産の数の子

伝統的な海水貯蔵法を用いてつくられた最高級の数の子を、丁寧に塩抜きをしてお刺身用として、そのまま食べることが出来ます。

また、冷凍保存もできますので、食べる分だけ解凍することもできます。

 

 

 

 

 

お刺身用数の子の取り寄せはこちら からできます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/239

≪ ひとつ前の記事:虎杖浜 松田水産のたらこ |  HOME  |   次の記事:石狩湾産 にしん ≫