石狩湾産 にしん

| トラックバック(0)

石狩湾産 にしん

かって北海道を代表するさかなはこのにしん(鰊)でした。

その食べ方も様々で、煮つけや塩焼きはもちろんですが、糠につけて発酵熟成させて保存食とされたり、干物加工された「身欠きにしん」。

また、それらを材料にした料理では、糠にしんを使った「三平汁」や身欠きにしんを甘露煮にして乗せた、にしんそばや函館の駅弁なども人気があります。

また、魚卵は「数の子」として高級食材としても珍重されています。

 

留萌 花田家番屋跡留萌小平町 花田家番屋跡

にしん漁は、江戸時代に漁場が開拓されました。

春、産卵のため北海道日本海岸の沿岸に現れ、最盛期には100万トンもの漁獲量があったそうです。

ニシン漁で財を成した漁師が建てた建物は「ニシン御殿」と呼ばれ、留萌中心に数多くたてられていました。

昭和30年以降、水揚げは一気に激減し、産卵によって海が真っ白になる「郡来(くき)」も見られず、漁獲量は100t程度になってしまい、ニシン漁は終わりを遂げました。

原因は、海水温の変化、乱獲、建築材や燃料として大量に木材が伐採されたための森林破壊など諸説がささやかれていますが、はっきりした事はわかっていません。

現在は留萌を中心にニシン漁を復活させようと放流事業がおこなわれており、ここ数年徐々にニシンが戻ってきており、「郡来(くき)」を見られることもあるそうです。

 

にしん かつてのニシン漁で盛んだった石狩湾北部の厚田村のある、石狩湾漁協では生産者、漁協職員の協力を得て、高鮮度のニシンを全国の食卓にお届けする取り組みを行っています。

水揚げされたニシンはすぐに作業場(番屋)に運ばれ、特殊な仕立てによって身が硬く、張りのある状態で発送されています。

メスは塩ふり焼きで数の子のプチプチとした食感を楽しみながら食べるのがお勧め、またオスは刺身でコリコリとした食感と、脂ののった甘みを楽しんで食べるのがお勧めだそうです。

私ごとですが、魚の中でもニシンは大好物でして、身欠きニシンの入ったそばや、ご飯なども大好きですし、小骨が多いと敬遠する人も多ですが、塩焼き、煮魚どちらも食卓にあがるとうれしくなります。

石狩湾漁協では刺身でも食べられる新鮮な状態で発送しています。
 


漁期に合わせ発送できる期間も限られているそうです。2012年02月23日~2012年03月20日

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/240

≪ ひとつ前の記事:お刺身用 数の子 |  HOME  |   次の記事:利尻昆布 ≫