利尻昆布

利尻昆布

利尻昆布は利尻・礼文・稚内を中心とした北海道北部の沿岸でとれる昆布です。

褐色で肉が厚く幅が広いの特徴で、やや堅めで上品な甘みがあり、すんだ香りの良いだしがとれます。

真昆布や羅臼昆布に次ぐ高級品で、京都では一般的なだし昆布として懐石料理にも使用されています。

 

 

 

 

 

利尻島

 利尻島 

 利尻昆布はだしのほかには塩昆布、おぼろ・とろろ昆布等で食べられています。

 

 

名 称
産地
特徴
用途
真昆布 函館、室蘭、松前など道南 幅広く肉厚、独特の甘みがあり、透き通った上品なだしがとれる。 だし、塩コンブ、佃煮などに使用される
羅臼昆布(オニコンブ) 羅臼沿岸

茶褐色で幅が広くやわらか。
濃厚な味で、香り高いだしがとれる。

だし、昆布占め、おしゃぶり昆布など
利尻昆布 利尻・礼文を中心とした北海道北部 すんだ上品なだしがとれ、やや塩気がある。懐石料理などに重用されている。 だし、塩昆布、おぼろ・とろろ昆布など
日高昆布(三石近具) 太平洋岸、日高地方で獲れる。 早く煮え非常に柔らかくなるので、調理しやすいため、昆布そのものを食べるのに向いている。

だし、昆布巻、佃煮、おでん用の昆布等。

長昆布(浜中昆布) 釧路地方 名前の通り、10m~20mもの長さに成長する。生産量は多いが、うまみ成分は少ないため、廉価品。 佃煮・おでん用の昆布、昆布巻等
細目昆布 留萌を主体とした日本海沿岸 ほかの昆布とちがい、寿命が1年のため、幅1年目に採取される。幅は補足、粘りが強い おぼろ・とろろ昆布、きざみ昆布等
厚葉昆布 釧路以東の沿岸 幅広く肉厚 昆布巻、酢昆布、佃煮などに利用される

 

天然利尻昆布 40g

新品価格
¥540から
(2015/1/4 14:47時点)

≪ ひとつ前の記事:石狩湾産 にしん |  HOME  |   次の記事:秋鮭筋子 ≫