中井英策商店 キンキいずし

| トラックバック(0)

中井英策商店 キンキいずし

冬の北海道を代表する高級魚のキンキ。

伊達市にある中井英策商店では、そのキンキを全国で初めて商品化に成功し、販売しています。

いずし(飯寿司)はご飯、米麹、魚、野菜を桶に入れて漬け込み、3~4週間の発酵期間を経てその旨みが引き出されます。

北海道では鮭やハタハタなどを使用したイズシを保存食として、昔から食べられてきた伝統料理のひとつです。

 

 

 

 

 

きんききんき

カサゴ科の魚で正式和名は「きちじ(吉次)」といいますが一般に「きんき」と呼ばれて市場に出回っていることの多い魚です。

本州中部以北の深海で生息し、旬は冬。

脂がよく乗っているため、焼魚・鍋・煮魚にすると特においしい魚ですが、漁獲量が少ないため価格が高騰し、今では高級魚となっています。

 

 

 

中井英策商店 キンキいずし 商品

第56回全国水産加工たべもの展で大阪府知事賞を受

中井英策商店では、発売当時(30年ほど前)は地元噴火湾でとれたキンキを使用していましがた、残念ながら資源が枯渇してしまったため、近年はアラスカ産のキンキを使用し、従来からの味を守り続けています。

キンキの濃厚な脂分と旨みを閉こめ、あっさりと上品なクセのない味わいに仕上げています。

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/244

≪ ひとつ前の記事:真狩村の男爵いも |  HOME  |   次の記事:北海道産米 ゆめぴりか ≫