松前産 天然本まぐろ

松前産 天然本まぐろ津軽海峡に面する松前町でも本マグロが獲れ、近年では「松前マグロ」としてブランド化テレビなどでも紹介されることが多くなってきました。
確かにマグロと言えば青森の大間、函館の戸井が有名ですが、同じ津軽海峡に面している松前のマグロもその品質には全く劣ることがありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

天然本まぐろ本マグロの本当の名はクロマグロ(黒鮪)であり、本マグロ、シビ、コロシビ、ハツ等とともに地方名として呼ばれています。
日本近海で漁獲されるマグロでは最大で、大きいものでは全長3メートル、体重400キロを超える事もあります。
一本釣り、曳縄(トローリング)、延縄(はえなわ)、定置網などの漁法で漁獲されます。
近年「黒いダイヤ」と呼ばれ高級魚として価格が高騰し、同時に乱獲がすすみ資源の枯渇の危険にさらされています。

 

 

 

 

 

 

松前産 天然本まぐろ 刺身

マグロの中の最高峰本マグロは、その脂ののり、きめ細やかな身、とろける舌触り、刺身やすしネタとしての最高の食材と言えます。

 

 

 

 

 

 

≪ ひとつ前の記事:知床 ウトロのメンメ (キチジ) |  HOME  |   次の記事:びらとり和牛 ≫