知床 ウトロのメンメ (キチジ)

ウトロ漁協のメンメ

メンメは脂がのって濃厚な甘みを持った本当においしい北国の魚ですが、漁獲量も少なく高級魚として扱われています。


メンメとは地元の呼び名であり、正式名は「キチジ」地域によっては「キンキ」とも呼ばれています。


脂分が非常に多く、鯛が5%~10%の脂分ですが、メンメは約20%もの脂分を含んでおり、濃厚で甘みのある脂に加え、身離れがいいので食べやすく、非常に美味しい魚です

知床半島近海のメンメは流氷が運んできた多くの植物プランクトンをえさにし、さらに世界自然遺産に指定されるほど、守られ残されてきた大自然の森から流れ出したミネラル豊富な川水と、暖流と寒流が入り混じるこの海域を通り成長していきます。
身は引き締まっていますが、脂はしっかりのっており、最高のバランスを味わうことができます。

 

 

≪ ひとつ前の記事:散布のエゾバフンウニ |  HOME  |   次の記事:松前産 天然本まぐろ ≫