長万部かなやの駅弁「かにめし」

| コメント(0) | トラックバック(0)

かなやのかにめし

長万部を代表する名物と言えばすぐに「かにめし」が頭に浮かぶ。

の中でも昭和3年よりの創業のかにめし本舗かなやの駅弁「かにめし」が有名だ。

 

かにめしのはじまり

昭和のはじめ、長万部駅は函館本線と室蘭本線が交差する交通の要衝として賑わっていた。

戦後、食材の入手が困難な中、駅で弁当を販売していたかにめし本舗かなやの先々代の金谷勝次郎が、出張に行っている際に、妻が当時大量に水揚げされていた毛ガニを茹でて新聞紙で包み「茹で毛がに」として販売したところ、大変好評となった。

金谷勝次郎は夏場にしか獲れないかにを一年中美味しく食べてもらおうと試作を繰り返し、昭和25年ついに完成した。

 

かにめしのイメージ

現在、全国のかにの産地でかにめしが売られているが、元祖は長万部町の「かなやのかにめし」だといわれている。

かなやのかにめし

酢飯に蟹の身をほぐして載せれば、それでお「かに飯」と呼ばれているが、かなやの「かにめし」はそうではない。

昭和25年の発売より守り抜いている伝統の製法をいまもしっかりと守り続けてつくっているのだ。

まず大きな特徴としてはカニの身を炒って香ばしさを引き出し、カニのエキスを凝縮させ風味豊かにしている。

さらに、電子レンジで解凍しても味を損なわないように水分コントーロールを行っており、現在通販で全国発送をしているが、解凍後もその味を損なわないのはその点の違いがあるからだろう。

 

かにめし本舗 かなやのドライブイン

かにめし本舗 かなやのドライブイン

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/452

コメントする

≪ ひとつ前の記事:北海道産グリーンアスパラ |  HOME  |   次の記事:別海町 中山農場のチーズ ≫