別海町 中山農場のチーズ

| コメント(0) | トラックバック(0)

別海町 中山農場のチーズ

 

道東の根釧台地にあり人口6,000人に対して、牛が120,000頭もおり、全国一番の生乳の生産量を誇る酪農の町別海町。

中山農場は、別海町にあって約700頭の牛を飼育し、そこから生産される生乳は1日約10トンにもなっている。

農場では牛に与える飼料も、敷地にて収穫した牧草をサイロで発酵させて栄養分析を元に単味(たんみ)と呼ばれるものを配合して成長に合わせて管理している。

牧場に隣接した直営のチーズ工房「なかやまミルク工房」では、朝絞った生乳を100%使用し、豊富な種類のチーズを作っている。

 

四角いゴーダチーズ

中山農場の四角いゴーダチーズ

3ヶ月熟成させて濃厚なミルクの風味がありながら、クセがなくクリーミーでさっぱりした味のチーズ

形も冬の別海町の風物詩である「四角い太陽」にまつわって四角に仕上げているのも特徴となっている。

 

四角いモッツァレラ

中山農場の四角いモッツァレラ

牛乳の風味がとても強いのが特徴で、そのまま食べても、調理して食べても美味しく手頃なフレッシュタイプ(非熟成タイプ)のチーズ。クセもなくあっさりとしたチーズ

 

カチョカバロ

中山農場のチーズ カチョカバロ

 

緑の広大な牧場が広がる別海町

緑の広大な牧場が広がる別海町

 

中山農場 さきさきチーズ 4本入

価格:540円
(2015/1/14 06:27時点)
感想(0件)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/453

コメントする

≪ ひとつ前の記事:長万部かなやの駅弁「かにめし」 |  HOME  |   次の記事:北海道産玉ねぎ ≫