十勝・帯広の名物 ぶたどん

| トラックバック(0)

十勝の豚丼

豚丼は「十勝豚丼」「帯広系豚丼」ともいわれ本場ではひらがなで「ぶたどん」といいます。

帯広を中心に十勝地方でに広まった食べ物で、豚肉を砂糖醤油などで甘辛く味付けしたものをどんぶりご飯の上にのせたものです。

ですから、牛丼チェーンの店のように、牛肉の代用にしたものとは見た目も味も全く違います。

 

 

 

 

 

 帯広市の大衆食堂「ぱんちょう」創業者、阿部秀司さんによって1933年(昭和8年)に開発されたとされており、ぶたどん発祥の店として有名で、夏の観光シーズンともなると、店先に行列ができる程の人気です。

 

帯広市内には、「ぱんちょう」をはじめ「ぶたどんのとん田」、「一郎」、「いっぴん」、「ぶたはげ」、「いっぴん」などその他数多くぶたどんの店がありますが、店によって味付けが異なり、味比べをしてみるのも面白いでしょう。

帯広名物ぶた八の豚丼の具(6食)

新品価格
¥5,400から
(2015/1/6 05:52時点)

ドライブインいとう まるごと十勝豚丼セット3人前

新品価格
¥2,808から
(2015/1/6 05:52時点)

帯広ぶたいち 豚丼の具 10食

新品価格
¥4,500から
(2015/1/6 05:52時点)

帯広十勝名物 ぶた丼セット 4食入

新品価格
¥3,100から
(2015/1/6 05:53時点)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/107

≪ ひとつ前の記事:北海しまえび 浜中産 |  HOME  |   次の記事:羅臼昆布 ≫