のざき精肉店の釧路湿原ジンギスカン

| トラックバック(0)

釧路湿原ジンギスカン

標茶町のざき精肉店の釧路湿原ジンギスカン

北海道の食の風土としてあるジンギスカンですが、さすがに広い北海道は地域によってジンギスカンの食べ方にも多少の違いがあります。

味付けジンギスカンの発祥とされている松尾ジンギスカンがあるように、滝川市が位置する道央や道北ではタレにつけた羊肉を焼いて食べるのが主流ですが、道東、道南地区では生肉を焼いてからタレをつけて食べる方が多かったようです。

しかし、釧路地方標茶町ののざき精肉店では、やわらかいロース肉を厚切りにしたものを秘伝のタレにつけこんで「釧路湿原ジンギスカン」として販売しています。

 

 

味は2種類

「ピリ辛醤油味」

秘伝のタレに醤油と唐辛子と黒胡椒を加えたスパイシーな味です。ピリ辛といっても、味わいはスッキリとしていて食べやすくされています。

「みそ味」

 研究に研究をかさねてつくられたみそタレにつけこみ、お子様からお年寄りの方まで食べやすい味付けにしています。肉がやわらかくなるように、何種類ものスパイスが加えられています。

他の北海道のジンギスカンと食べ比べしてみてはいかがでしょう。

のざき精肉店の「釧路湿原ジンギスカン」の取り寄せはこちら

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/232

≪ ひとつ前の記事:柳月 ユキピリ花 |  HOME  |   次の記事:稚内産たこしゃぶ ≫