鮭とば

| トラックバック(0)

鮭とば

とばとは秋鮭の内臓を取り出して塩漬けにしたものを干し、生乾きになったところで皮つきのまま縦切りにし、さらに寒風で程良い硬さになるまで干して出来る、鮭の珍味。

とばは感じで冬葉と書き、名前の由来はアイヌ語のトゥパ(鮭を身おろししたものを更に縦に細かく切って乾かしたもの)から来ていると言われている。

北海道では、鮭の遡上時期に釣った鮭を家庭で干している様子も見かけられ、北の冬の風物詩にもなっている。

 

塩分が強いので一度にたくさんは食べられないが、噛めば噛むほど旨みが出てきて、ビールや酒のつまみに良く合う。

そのまま食べても良いが、軽く炙ると柔らかくなり食べやすくなる。

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/377

≪ ひとつ前の記事:北海道のそば |  HOME  |   次の記事:ふっくりんこ ≫