長沼ジンギスカン タンネトウ

| トラックバック(0)

長沼ジンギスカン タンネトウ長沼ジンギスカンはジンギスカンの老舗メーカーで昭和27年の創業です。

「タンネトウ」は若羊の脂身が少ない羊一頭に数キロしかとれない希少な肉を、北海道の厳しい自然の大地から獲れた野菜をベースに作られた秘伝のたれに漬け込んでいます。

 

 

 

 

現在日本では羊肉の生産が非常に少ないため、残念ながら肉はニュージーランドなどの海外から輸入されていますが、北海道の風土が生んだ食文化を守り続けるため、良い肉質の物を厳選し、つくり続けられています。

肉質はやわらかく、脂身も多すぎない食べやすいジンギスカンです。長沼ジンギスカン タンネトウ ロース

 

北海道のジンギスカンの老舗に松尾ジンギスカンも有名ですが、その他道内各地で多くのジンギスカンが作られています。

色々食べらべて見るのも楽しいかもしれません。

 「タンネトウ」とは?

調べてみたのですが、はっきりした事は分りませんでした。

ただ「トウ」とつくことから沼や湖に由来する名前ではないかと思います。

確かに長沼町周辺には小さな沼が点在しています。

さらに、長沼町東部の馬追(マオイ)の丘陵地帯にタンネトウ遺跡という場所があるようです。

 

 

 

長沼 タンネトウロースジンギスカン(500g)

新品価格
¥1,026から
(2015/1/4 15:47時点)

長沼町 タンネトウ ロースジンギスカン 600g×3袋セット

新品価格
¥4,046から
(2015/1/4 15:47時点)

長沼町タンネトウ 味噌ホルモン 250g×6袋セット

新品価格
¥3,066から
(2015/1/4 15:47時点)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/220

≪ ひとつ前の記事:エゾシカの肉 |  HOME  |   次の記事:天塩名産天然しじみ ≫