温泉ホテル八雲遊楽亭 ひらたない荘

| トラックバック(0)

国民宿舎ひらたない荘 あわびの湯

開湯は18世紀ころと古く、道南熊石町は温泉熱を利用したエゾアワビの養殖が盛んで、あわびの里として知られており、夏には「あわび祭り」も開かれる。
その、特産品のあわびをモチーフにしたユニークな建物が特徴の温泉だ。
内湯は広々として泡風呂など3種類の浴槽が設置されている。内風呂のの割りからすると露天風呂はかなり小さめで、内風呂から出ると、玉ジャリで囲まれたスペースに台形状に設けられている。露天風呂からは谷を流れる渓流をわずかに眺められる。

内湯は無色透明だが、露天風呂は源泉だろうか、やや黄色みを帯び濁っている。
近くにはキャンプ場熊石町青少年旅行村やテニスコート、歴史館、無料の露天風呂「熊の湯」などもある。

施設名称 温泉ホテル八雲遊楽亭 ひらたない荘
所在地 北海道二海郡八雲町熊石平町329番地
電話/FAX 01398-2-4126
公式HP http://www.hiratanaiso.jp/spa/index.html
泉質 ナトリウム-塩化物泉
効能 筋肉痛・関節痛・打撲・慢性婦人病・冷えなど未調査
内風呂 男女各1
露天風呂 男女 各1
混浴
日帰り入浴
入浴料金 大人 450円 小人 200円
入浴時間(日帰)
定休日 未調査
宿泊 有未調査
宿泊料金 6,000円から
休憩施設
食堂・レストラン
コインロッカー
ドライヤー
シャンプー
石鹸/ボディーソープ
売店
自動販売機
その他
        

キャンプサイト

ひらたない荘よりすぐ下の海岸側にあるキャンプ場「青少年旅行村」

 

熊の湯

熊の湯

平田内相から約7Km上流に行くと、無料の露天風呂「熊の湯」がある。天然温泉だが、湯壷には 温泉を管理人がお湯を流し入れているので入浴できるのは日中の時間帯に限られるようだ。

                     

所在地の地図


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/165

≪ ひとつ前の記事:鯉川温泉旅館 |  HOME  |   次の記事:登別温泉 大湯沼川の天然足湯 ≫

TOPへ