雷電湯元 朝日温泉 休業中

| トラックバック(0)

雷電湯元 朝日温泉

国道229号線の海岸を岩内から寿都方面へ約10Kmほど進むと左に「朝日温泉」の看板があり、そこから急坂の狭い林道を約3Km進む。「本当に温泉があるのか?」と不安になってくる頃、原生林の中にポツンと温泉宿がようやく発見できる。

創業は古く江戸末期の弘化元年(1844年)中江差徳二郎が笹小屋を建て開湯したのが始まりだそうだ 。
携帯電話はもちろん普通の電話すら使えず、衛生電話を利用している。電気は自家発電とまさに秘湯中の秘湯と言える温泉だ。

人里を離れテレビも何もないこの場所で、静かに自然の中に浸りながら日ごろの疲れを癒すには格好の温泉宿と言えるだろう。

2009年の7月の集中豪雨の被害のため、現在休業中なのが非常に残念です。1日も早い復旧を祈ります。

施設名称 雷電湯元 朝日温泉 休業中
所在地 北海道岩内郡岩内町字敷島内117番3
電話/FAX 札幌予約センター:011-281-5833
公式HP http://dns.d-science.jp/asahionsen.html
泉質 塩化水素石膏泉
効能 皮膚病、慢性リューマチ、神経痛など未調査
内風呂 男女別 各1
露天風呂 混浴1 (渓流沿い)
混浴
日帰り入浴
入浴料金 大人600円 子供300円
入浴時間(日帰) 5~8月 AM10:00~PM19:00 、 9~10月 AM10:00~PM18:00-
定休日 11月~5月連休明けまでは休業
宿泊 有未調査
宿泊料金 素泊まり5,500円、食事付6,600円
休憩施設 有 夕方5時まで
食堂・レストラン
コインロッカー
ドライヤー
シャンプー
石鹸/ボディーソープ
売店
自動販売機
その他
        

 

朝日温泉の内風呂

朝日温泉の内風呂

内風呂は岩で囲われて2つの槽に分かれており、湯音がいくらか違う。
秘湯らしくシャワーなどの設備、シャンプーやボディーソープもなく、洗い場もわずかなスペースがあるだけになっている。
かっては男女風呂の仕切りは途中まであり、半混浴だったのだが、冬季に雪で浴室が崩壊し、その後の修理の時に完全に男女別に仕切られるようになった。

朝日温泉の露天風呂

朝日温泉の露天風呂

ここの宿の自慢のひとつはこの露天風呂

宿の建物の外を歩いて丸木橋を渡るとすぐ、ユーナイ川沿いに岩で囲われた露天風呂がある。
風呂の傍らには板で囲われた小さな脱衣所があるだけで、照明もない。
以前管理人が入浴したときは、脱衣所は小さな屋根があるだけで、仕切りすらなかった。

朝日温泉の露天風呂 近接

露天風呂から眺められるのは、目の前に流れるユーナイ川の渓流と原生林の深い木立だ。
秋にはきっと紅葉がすばらしいだろう。
露天風呂のすぐ脇から雷電山の登山道になっており、登山客に遭遇することもあるかもしれない。
2009年夏、管理人が入浴した時には函館からオフロードのバイクでツーリングをしている男性と一緒だった(写真の人)。
湯船につかりながら、温泉の話やツーリングの話で盛り上がり楽しいひと時を過ごすことができた。

朝日温泉の丸木橋

露天風呂に行くには、宿の横から写真の丸木橋を渡り、さらに写真奥の塀の横から板でできた橋を渡る。

橋はどちらも狭くちょっとスリリングなところがまた一興だ。

                     

所在地の地図


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/120

≪ ひとつ前の記事:仲洞爺温泉 来夢人の家(キムンドのいえ) |  HOME  |   次の記事:糠平館 観光ホテル ≫

TOPへ