ぬかびら源泉郷 湯元館

| トラックバック(0)

糠平温泉 湯元館

糠平温泉は初代湯元館主島隆美氏によって大正7年に発見され、大正14年に開業し昭和3年までは唯一の宿であったそうです。毎分250リットルで湧き出す60度の温泉を加水せずに適温まで調整しています。

※近年では露天風呂、内湯付きのログコテージも開設している。

※2017年(?)より経営が株式会社湯本館様に引き継ぎました。

※株式会社湯本館様、ご連絡ありがとうございました。

※未確認ですが、建屋の画像も2018年現在は変わっている可能性があります。

 

 

 

 

施設名称 ぬかびら源泉郷 湯元館
所在地 河東郡上士幌町ぬかびら源泉郷
電話/FAX 01564-4-2121
公式HP http://www.nukabira-yumotokan.jp/
泉質 ナトリウム・塩化物−炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)
効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、打ちみ、慢性消化器病、五十肩、運動麻痺、痔疾、慢性皮膚病など未調査
内風呂 男女別 各2
露天風呂 男女別各1(一日おきに男女入替)、打たせ湯 
混浴
日帰り入浴
入浴料金 大人(中学生以上)800円 、子供(小学生)200円
入浴時間(日帰) 夏期 13:00~20:00(最終受付 19:30)-
定休日 毎週水曜日、その他不定休あり
宿泊 有未調査
宿泊料金 コテージ 30,000円から
休憩施設
食堂・レストラン
コインロッカー
ドライヤー
シャンプー
石鹸/ボディーソープ
売店
自動販売機
その他
        

湯元館の経営者の方に温泉の新しい写真を提供していただきました。

温泉は空翠の湯と神韻の湯に分かれており、毎日男女入替になっている。

・ 奇数日 : 空翠の湯 女性 / 神韻の湯 男性
・ 偶数日 : 空翠の湯 男性 / 神韻の湯 女性

空翠の湯

糠平源泉郷湯元館 空翠の湯内湯

空翠の湯 内湯

 

糠平源泉郷湯元館 空翠の湯 露天風呂

空翠の湯 露天風呂

糠平源泉郷湯元館 空翠の湯 屋外檜風呂

空翠の湯 屋外檜風呂

 

 

神韻の湯

糠平 湯元館 神韻の湯 内湯

神韻の湯 内湯

糠平源泉郷湯元館 神韻の湯 屋内檜風呂

神韻の湯 屋内檜風呂

糠平源泉郷湯元館 神韻の湯 露天風呂

神韻の湯 露天風呂

以前はここが混浴露天風呂だったはずだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

                     

所在地の地図


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/122

≪ ひとつ前の記事:ウトロ温泉 夕陽台の湯 |  HOME  |   次の記事:蘭越町交流促進センター 幽泉閣 ≫

TOPへ