ニセコ 新見温泉ホテル

| コメント(0) | トラックバック(0)

ニセコ 新見温泉ホテル

目国内岳の麓、奥ニセコに小さな温泉地がの2軒の温泉宿のひとつ。 数多くあるニセコの温泉郷の中でもここは奥ニセコと呼ばれており、周囲は深い山に囲まれ秘湯の雰囲気が漂っている。

新見温泉は明治41年新見直太郎によって発見され、明治45年に創業した。

昭和33年11月には厚生省(当時の名称)より国民温泉保養地に指定されている

お湯は源泉かけ流し100%、無色透明。

露天風呂(野天風呂 木立の湯)は混浴1箇所となっており、夕方5時から8時の間は女性専用となる。

2002年に入湯したが、当時は十分に記録を取っていないので今回はあまり詳しく紹介出来ない。

施設名称 ニセコ 新見温泉ホテル
所在地 磯谷郡蘭越町新見5番地
電話/FAX 0136-57-5224
公式HP http://www.niseko.or.jp/niimi/
泉質 ナトリウム-塩化物泉、酸塩泉
効能 皮膚病・神経痛・リューマチ性疾患・筋肉痛・関節炎・運動麻痺・動脈硬化・慢性消化器病・婦人科疾患・胃酸過多症・外傷 
飲用:胃カタル・胆道疾患・じん麻疹・肥満症未調査
内風呂 男女各1
露天風呂 混浴1
混浴
日帰り入浴
入浴料金 大人500円、子供300円
入浴時間(日帰) 午前10:00~午後7:30-
定休日 未調査
宿泊 有未調査
宿泊料金 9,000円~
休憩施設
食堂・レストラン
コインロッカー
ドライヤー
シャンプー
石鹸/ボディーソープ
売店
自動販売機
その他
        

新見温泉の野天風呂 木立の湯

新見温泉 野天風呂 木立の湯

新見温泉 木立の湯 別角度から

露天風呂は男女の内風呂から少し離れており、廊下を少し渡った先に男女別の脱衣所が設けられており、ドアを開けると混浴の露天風呂がある。

露天風呂からの眺めは奥ニセコの木立が見える

写真撮影はしていないが、内風呂はタイル貼りのシンプルな浴室だった。

 

奥ニセコ渓谷

奥ニセコ渓谷

 

          
宿泊予約はこちら
ニセコ 新見温泉ホテル

上記の文字か左の画像をクリックすると、宿泊・予約サイトへジャンプします

宿泊料金の目安 (大人1名)

   9,000円~

※料金はあくまでも目安で、日によって変動します。

          

所在地の地図


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/391

コメントする

≪ ひとつ前の記事:和琴温泉 和琴公衆浴場 |  HOME  |   次の記事:ニセコ 温泉ゆころ ≫

TOPへ