宮内温泉旅館

| コメント(0) | トラックバック(0)

宮内温泉

泊川渓谷へ向かう山間部にある、和室8室の小さな温泉宿

歴史は古く、1850年(安政年間)頃に発見され、温泉旅館として開業したのは1945年になる。

1970年から1975年の間、ゾウの花子が骨折した足の治療のためこの旅館で療養を続け、元気になった話は有名である。

湧出量毎分3000リットルと豊富な湯量をほこり、源泉かけ流しの温泉。

湯は無色透明だが、湯花の鉄分によって赤茶けて見える。

 

施設名称 宮内温泉旅館
所在地 島牧郡島牧村字泊431
電話/FAX 0136-75-6320
公式HP http://www.guunaionsen.ftw.jp
泉質 ナトリウム・炭酸水素塩 - 硫酸塩泉
効能 リウマチ、慢性消化器病、やけど、高血圧症、皮膚病、疲労回復、健康増進未調査
内風呂 男女各1
露天風呂 男女各1
混浴
日帰り入浴
入浴料金 大人450円、子供300円
入浴時間(日帰) 午前10:00~午後8:00-
定休日 未調査
宿泊 有未調査
宿泊料金 1泊2食 8,400円~
休憩施設
食堂・レストラン
コインロッカー 有 有料
ドライヤー
シャンプー
石鹸/ボディーソープ
売店
自動販売機
その他
        

宮内温泉の内部

以前ここに来てから何年経つだろうか?おそらく20年以上にはなるだろう。

当時の記憶は殆どないが、あの頃と何か変わっているだろうか?そんな事を思いながら玄関に入った。

木の棚で出来た簡単な靴置きがある玄関を開けて中に入る。

ロビー横にある調理場兼受付で入浴料金を支払って奥に進む。

脱衣所もいたって質素なつくりだ。

宮内温泉の洗い場

浴室の洗い場

洗い場にはシャワーと鏡もあり、一応シャンプー、ボディソープ、石鹸も備えられていた。

先日行った幌加温泉鹿の谷よりは設備は整っている。

 

宮内温泉の内風呂

内風呂

タイル張りでつくられた浴室には大小2つの湯船があった。

大きい湯船のすぐ横に露天風呂に出るドアがある。

 

宮内温泉の露天風呂

露天風呂

いかにも手づくりらしい露天ぶろは四角い浴槽になっており、周囲を石で囲ってあった。

昔来た時と露天風呂はあきらかに変わっている。

当時も男女別の露天風呂ではあったが、その当時は隙間だらけの簡単な板塀で仕切られていたはずだ。

宮内温泉露天風呂からの景色

目の前には森が迫っているが、景観としてはそれ程良いとは言えない。

 

宮内温泉のロッカー

コインロッカーもあるが、有料(100円)でお金は戻ってこないようだ。

 

 

 

                     

所在地の地図


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/383

コメントする

≪ ひとつ前の記事:湯元鹿の谷(ゆもとかのや) |  HOME  |   次の記事:オンネトー温泉 景福 (休業中) ≫

TOPへ