2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.1

| コメント(0) | トラックバック(0)

2017年7月1日

2009年に初めて襟裳岬までツーリングをしたが、岬の突端の天気はいま一つだった。

「2009年最南端ツーリング」なんて、タイトルを付けたが、実は襟裳岬は北海道の最南端ではない(笑)

最南端は松前町近くの白神岬だ。

歌にあるように、これと言ったものは「何もない」襟裳岬ではあるが、まだ一度も晴天の襟裳岬を眺めた事がないので、再挑戦することにした。

白老から鵡川まで高速道路を利用しよう。

2017-07-01-苫小牧中央鵡川間通行止め

ところが、苫小牧中央から鵡川まで道路修理のため通行止め。

せっかく時間を稼ごうと思って利用したのにこれだ!

道路補修は分かるが、だからと言って通行止めはないだろう。これだから中途半端な片側一車線の高速道路なんか作るから困るのだ。

現在は少しずつ2車線区間を増やしているのだが、暫定片側一車線で高速道路が拡張された時、冬季間は非常に事故が多かった。

2017-07-01-浜厚真のPA野原公園

やむなく一旦日高道を降りて下道で鵡川へむかう。

途中、浜厚真のPA「野原(やげん)公園」でトイレタイム。

もとはコンビニのような店舗だったところが海産物を販売している店に変わっていた。

むかわ竜のキャラクター

道の駅むかわ四季の館にあるキャラクター「むかわ竜」

2003年に穂別地区で恐竜の化石が発見されたそうだが、いままで気にも留めなかったがこんなのが置かれていたんだ。

2017-07-01-襟裳岬手前

途中に三石の道の駅で休憩した後、えりも町に到着。

天気も良い、今回は期待出来るかな?

2017-07-01-襟裳岬の手前の曇り空

うぬぬぬ。岬の手前まで来るとどんよりとした雲がかかっている。

2017-07-01-襟裳岬全景

結局、岬のあたりだけこんな天気だ。

これじゃ、8年前と大して変わらない。

残念!

2017-07-01-えりも岬観光センター

岬の駐車場にある「えりも岬観光センター」

やたら「テレビで紹介された」と言う文字を看板に書かれているけど、えりも岬ってこの店1軒だけで他に何もないし。。。

襟裳岬の取材でここまで来たら、必然的に取材されるよな~。

2009年に来た時にはここで、つぶとわかめの乗っかったえりもラーメンとイカ飯のセット「えりもセット」を食べた。

今回は昼食には早すぎるのでパス。

2017-07-01-襟裳岬の突端

襟裳岬突端

せっかく来たので今回は頑張って岬の突端まで歩いて行く事にした。

駐車場から15分位かかった気がする。

2017-07-01-襟裳岬の海鵜

岩礁の海鵜(ウミウ)

ゼニガタアザラシの生息地として日本最大らしいが、この時も1頭も姿は見られない。

いるのは岩礁に巣くっているウミウとカモメくらいだ。

2017-07-01-崖の岩に咲くハナナシの花

崖の岩にはハマナシやエゾカンゾウが花を咲かせていた。

 

Vol.2に続く

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/555

コメントする

≪ ひとつ前の記事:2017年6月またもや!富良野・美瑛 |  HOME  |   次の記事:2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.2 ≫

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

ツーリングマップル R 北海道 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

新品価格
¥3,024から
(2017/4/13 18:58時点)

ツーリングマップル 北海道 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

新品価格
¥1,944から
(2017/4/13 18:58時点)

15-16北海道キャンプ場ガイド

新品価格
¥1,404から
(2015/3/15 12:15時点)

TOPへ