バイクライフの最近のブログ記事

2017年9月道東ツーリングwithスガ #2

2017年9月10日 午前4時目が覚めた。辺りはまだ真っ暗。 昨晩入った露天風呂にもう一度ひとりで入浴。 行くと自動車のヘッドライトで浴槽を照らしながら入浴している老人がいた。 朝早い暗い時間でも他の人が入浴しに来るし、そう言う時間帯だから女性も入る事もある。 ここでは浴槽をライトで照らさないのがマナーになっているのに。 こう言う人を見ると頭に来るので、つい注意をしてしまう。 「・・・ 詳細は>>こちら

2017年9月道東ツーリングwithスガ #1

2017年9月9日 出発 今年、TigerX800Cのスガ君とは中々休みが合わず、これまでずっと一人でキャンプツーリングに出かけていた。 今回、ようやく一緒に1泊2日のツーリングに行く事が出来た。 午前5時、いつものコンビニで待ち合わせ、道東方面へ出発。 9月ともなると日の出時刻もかなり遅くなっている。 キレイな朝日を眺めながら国道36号を走る。 朝食を摂って来なかったので・・・ 詳細は>>こちら

2017年8月グレイ一色の道東ツーリング#2

2017年8月14日 午前3時、テントの中で天気予報を確認。 昨日までの予報では14日からの根室・釧路地方のは曇りの予報だった。 ところが、今朝になると全滅に変わっている。 15日、16日もダメだ! 曇り程度だったら、色々行きたい場所もあったのだが・・・・。 先に希望があるなら良いが、これでは今日一日ここでテントの中でじっとしていてもしょうがない。 「もういい!帰ろう!」 5日・・・ 詳細は>>こちら

2017年8月グレイ一色の道東ツーリング#1

2017年8月13日 午前4時、出発の朝 夏休みは8月11日から17日までと結構長期に取っていたが、台風のお陰で最初の2日間を無駄にしてしまった。 自宅付近は今日も朝から雨が降っているが、予報では道東方面は曇り、明日からは回復するとの事。 雨の暗闇の街を通りぬける。 「今日はどこで雨が止むだろうか?」そう思いながらひたすら走る。 いつもの通り白老ICから鵡川ICまで高速道路・・・ 詳細は>>こちら

2017年7月宗谷ツーリング2日目

7月18日 明けて7月18日、今日も最北端の地はスッキリしない曇り空 撤収して移動する前に、今回の目標の場所のひとつに行って見ることにした。 育みの里見晴らし台(利礼の丘) 2012年8月のツーリングの時、荷物満載状態のZZR-1100で転倒の恐怖に耐えながら深い砂利の坂道を必死で登りたどり着いた場所だ。 今回、バイクはVersysだし荷物も積まない身軽な状態だ。前回よりははるかに安・・・ 詳細は>>こちら

2017年7月宗谷ツーリング1日目

2017年7月17日 2年ぶりに道北(宗谷)方面に向け出発。 2年前の9月、出発の時の空もやはりこんな感じで青空が出ていた。 予報では、今回も北に進むにつて天気は良くないようだが、明日は青空が期待できそうだ。 道の駅三笠で朝食&休憩をしていると、自衛隊の走行車両が数量駐車場に入ってきた。   雨がデフォルト 道の駅「田園の里うりゅう」で休憩 この辺も少・・・ 詳細は>>こちら

2017年7月開陽丸見物に江差ツーリング

2017年7月8日 天気が良いので、道南方面に日帰りツーリング 長万部の直線道路 今回は八雲町から雲石峠を越えて日本海に出て、そこから海沿いを南下して江差町に行き、これまで一度も見た事がない開陽丸博物館の見物がメイン。 雲石峠の頂上にて 雲石峠を越えて日本海に出て、追分ソーランライン(国道227号)を南下する。 一応晴れていはいるが、内浦湾側よりは雲が多いな &nbs・・・ 詳細は>>こちら

2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.3

2017年7月2日 上士幌 昨夜は7・8台のバイクと3組の家族がテントを張っていた。 関西弁のハーレーのライダーはここの利用が初めてらしく、受付やら何やらあれこれ訊ねてきた。 朝食は最近良く作る鍋焼きうどん。 簡易のアルミ鍋にうどん、スープ、麩、かき揚げ、乾燥ねぎがセットになっているやつだ。 これに、昨夜の残り物の長ネギと生玉子は1個、2個では販売していないため、コンビニで買った・・・ 詳細は>>こちら

2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.2

襟裳岬風の館 風の館では風速25メートルの強風を体験できるのが一番人気らしい。 でも、自分は子供の頃からそれ以上の強風を何度も経験しているので、わざわざ入館料300円を払ってまで体感する気にはならなかった。 館のガラスには相変わらず萌えキャラが描かれていた。 えりも岬を離れると次第に晴れだし、百人浜の手前まで来るとすっかり青空が広がった。 これも前回来た時と同じだ。 どうも・・・ 詳細は>>こちら

2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.1

2017年7月1日 2009年に初めて襟裳岬までツーリングをしたが、岬の突端の天気はいま一つだった。 「2009年最南端ツーリング」なんて、タイトルを付けたが、実は襟裳岬は北海道の最南端ではない(笑) 最南端は松前町近くの白神岬だ。 歌にあるように、これと言ったものは「何もない」襟裳岬ではあるが、まだ一度も晴天の襟裳岬を眺めた事がないので、再挑戦することにした。 白老から鵡川まで高速・・・ 詳細は>>こちら

2017年6月またもや!富良野・美瑛

2017年6月17日 午前5時、出発 今回も富良野・美瑛方面のツーリングになってしまった! 自分でも「またかよ!」って位の気分なのだが、当初予定していた十勝方面は天候不良のため断念。 せっかくの休日、家にじっとしていてもつまらな過ぎるので、唯一晴れが期待できる富良野・美瑛に向かう。 5月に行った時も、パットせず、突然気温が下がったりもしたし、晴れれば景色もキレイな頃なので「ま、い・・・ 詳細は>>こちら

2017年初キャンプツーリング

2017年5月、GWが過ぎ去った後、今年初のキャンプツーリング 当初の予定は道南方面に行く予定だったのだが、生憎そっちは天気が悪いようなので予定を変更し、天気が良さそうな富良野方面に妥協した。 そちらに行けば一箇所だけ寄ってみたいところもあったので、まあ良しとする事にした。 いつものように、鵡川町「道の駅四季の館」で休憩 四季の館は温泉ホテルで、4月から1月3日まで朝風呂をやっ・・・ 詳細は>>こちら

2017年4月熊の湯の悲劇

2017年4月 日帰りツーリング その日はゴールデンウィークの初日だった。 職場のバイク仲間と今年最初の日帰りツーリング。 当初は4人くらいで道南方面に行く予定だったが、Wさんの体調不良ともう一人はドタキャンし、結局はスガ君と二人で日本海を南下し江差の桜を見に行く予定だった。 八雲町から雲石峠を越えて日本海、熊石の青少年旅行村で小休止。 ここまでは順調だった。。。。  ・・・ 詳細は>>こちら

2016年10月日帰り函館ツーリング

10月7日、函館方面に向かう。 貴重な4連休の週末、本当は上富良野で今年最後のキャンプをして紅葉や秋の美麗・富良野を眺めながら走ろうと計画していた。 ところが、上川地方は異常な低温に見舞われているし、週末にかけて道内の大半が悪い天気になってしまった。 かと言って今年最後のツーリングになるかも知れないこの日、家に閉じこもっているのはあまりにも悔しい。 7日の日、唯一函館方面だけ天気が・・・ 詳細は>>こちら

2016年9月Wさんキャンプデビューツーリング その3

ナイタイ高原 Wさん、車では来た事があるとか無いとか? とにかくバイクでは初めての場所。 生憎の曇り空だったが、ます先頭を走って楽しんでもらいましょう。 昨年の10月の爆弾低気圧で崩壊してしまった駐車場横のレストハウスも、プレハブの仮店舗で営業を再開していた。 早く元通りの立派なログハウスが出来るといいのだが。 それにしても、あの頑丈なログハウスを破壊する程の威力を持つ強風・・・ 詳細は>>こちら

2016年9月Wさんキャンプデビューツーリング その2

台風の被害を横眼に見ながら走り、道の駅しかおいで休憩。 ここに来るまでに色々と台風が残していった跡を見て来たため、今日テントを張る予定の航空公園キャンプ場は無事なのか不安になってきた。 事前に調べて来なかった事に後悔しながらネットで調べてみた。 悪い予感は的中した。 キャンプ場の横を流れる音更川が増水の心配があるため閉鎖中だった。 「どうしよう?」ここまで来て引き返す訳にもいかな・・・ 詳細は>>こちら

2016年9月Wさんキャンプデビューツーリング その1

9月11日 集合 午前6時、コンビニ前で職場のバイク仲間の2人と待ち合わせ。 メンバーはCB1300のWさんとタイガー800XCのスガ君と自分の3人。 今年の春ころからWさんに「キャンプツーリングに連れてってくれ!」と言われていたのだが、お互いの予定やら悪天候に見舞われるやらで延び延びとなってしまい、やっと実現したツーリングなのだ。 何よりも今回はWさんのキャンプツーリングデビュー・・・ 詳細は>>こちら

2016年8月道東ツーリング 第3日目(最終)

2016年8月13日 午前2時30分。辺りはまだ真っ暗だ。 昨夜かなり早く寝てしまったので、こんな時間に起きてしまった。 とりあえず、半島にある露天風呂に浸かる。 テントに戻って、弟子屈の日の出時刻を調べる。今日は4時30分前後のようだ。 幾分辺りが明るくなってきた頃、外をみると屈斜路湖の上には雲がかかっていた。 しかし、さらにその上空は晴れているようだ。 「これはいけるかもしれ・・・ 詳細は>>こちら

2016年8月道東ツーリング 第2日目

2016年8月12日 本日も快晴。 6時30分にテントを撤収し、国設知床野営場をあとにする。 オシンコシンの滝で写真を撮ったが、早朝は日差しの向きが悪い。 ここは午後からの方が良いかな? フレペの滝 来た道を引き返して知床横断道路の手前、知床自然センターにバイクを停める。 いつも通過してばかりだったが、一度くらいは見ておこうと思い立ち寄る事にした。 自然センターから片道約1・・・ 詳細は>>こちら

2016年8月道東ツーリング 第1日目

2016年8月11日 お盆休みを利用して道東ツーリングに出発。 日程は8月11日から8月14日(天候によっては15日)までと、例年よりもさらに短い予定となってしまったので、移動時間短縮のために目的地まで高速道路を利用することにした。 本当は下道を走った方が楽しいのに。。。しょうがない。 野幌SAで休憩&朝食。 道外ライダーも数人休憩中。 東京から来たカップルのライダーと会話。 ・・・ 詳細は>>こちら

2016-7月職場マスツー(小樽)

2016年7月16日 二年ぶりに職場のマスツーに参加。 今回の行き先は小樽との事。 伊達市内のコンビニ前で全員集合。 参加者は、CB1300のWさん(主催者)、バンディッド1200のSさん、ニンジャ1000のT君、トラX800CのS君、ドカからTW225に転向したY君、そして自分の6台。 コースを教えてもらったが、イマイチ把握出来てないまま後ろから付いていく。 壮瞥町から北・・・ 詳細は>>こちら

2016-7月富良野・美瑛 2日目

2016年7月9日 翌朝は早朝から良く晴れていた。 午前4時、大雪山系の方角からゆっくりと太陽が昇ってきた。 今回もまずテントの中に荷物を置いて、周辺を走って来ることにした。 既に移動の準備を始めているライダーがたくさんいる   白髭の滝 フィルターバージョン 前回と同じ白髭の滝の撮影だが、違うのは減光(ND)フィルターを持ってきた事だ。 絹糸のようにふん・・・ 詳細は>>こちら

2016-7月富良野・美瑛 1日目

2016年7月8日(金) 「またか!」とお思いの方もいるかと思うが、前回の5月のツーリングに物足りなさを感じていたし、十勝岳連峰の残雪の山姿を見たくて出かける事にした。 本当は6月中に行く予定だったのだが、毎週土日を狙ったように悪天候が4週も続いてしまった。 6月の土日で晴れたのは11日くらいなもので、その時は京極まで日帰りツーリングをしたが、あまりにもつまらないので記事にする気にもなら・・・ 詳細は>>こちら

2016-06-リアタイヤ交換

5月の富良野ツーリングでリアタイヤの摩耗も限界を超えていた。 前回タイヤを交換したのが、2015年6月だから丁度1年経った。 走行距離は8,600kmなので、かなり無理して持たせた事になる。 次のツーリングの備えてタイヤ交換をする。 タイヤは前回と同じ、 BRIDGESTONE BATTLAX BT-023 SPORT TOURING (REAR)   BRIDG・・・ 詳細は>>こちら

2016-5月富良野・美瑛ツーリング 第2日

2016年5月29日 昨晩はずっと雨が降り日が変わった頃には止んでいたのだろう。 早朝は霧の中だったが、7時近くになって青空が広がり出す。気温も上がってきた。 取りあえず荷物をまとめテントの中に置いて周辺をひとまわりしてくる事にした。 自:どこに行こうか?どこに行きたい? ス:「青い池」と「白髭の滝」に行きたいです。 ・・・4年前、初めて富良野に来たスガ君を案内した時にも2度連・・・ 詳細は>>こちら

2016-5月富良野・美瑛ツーリング 第1日目

2016年5月28日 いつもの通りに朝5時に出発。 今回シートバッグを防水タイプに新調した。 これまで使っていたシートバッグも使い勝手が良かったが、さすがに10数年使って古くなってきたし、毎年ツーリング中に雨を食らっているので、この際だから防水タイプに変えてみた。 開口部を折りこんで収納するため、その部分がかさばるがシート上への取付は非常に簡単になっている。   平取・・・ 詳細は>>こちら

2016年5月神威岬の積丹ブルーの海

2016年5月14日 快晴の空の下、積丹半島目指して出発。 昨年の5月にも積丹半島に出かけたが、積丹岬までは快晴で島無意海岸の海の青さを堪能することができた。 しかし、肝心の神威岬は強風のため遊歩道は通行止めとなり、岬の先端まで行く事ができなかった。 今更だが、ブログを改めてみて見ると、その時の事って投稿していない事に気付いた。 雲ひとつない空の下、」豊浦から真狩村に通じるR97を・・・ 詳細は>>こちら

2015年9月宗谷ツーリング 3日目

2015年9月23日 さすがに昨夜は寝るのが早すぎた。 お陰で2時半頃に目覚めてしまった。 日の出岬からの金星と漁火 それでも4時ころまではテントの中でゴロゴロしていたが、ついにテントを這い出し星空を眺めることに。 満天の星空。天の川も良く見える。(最近やたらと星空にはまっている) 向かいの公園で写真を何枚も撮っていると、公園の遊歩道を散歩している男性が話しかけて来た。 「日・・・ 詳細は>>こちら

2015年9月宗谷ツーリング 2日目

2015年9月22日 昨夜は2人のライダーと話をした後すぐテントで寝てしまった。 早朝、4時前には完全に目が覚めた(普段もそうだが) テントから出て空を見上げると、まだ完全に夜空(星空)だった。 この時期になると4時半になってもまだ暗い。 宗谷岬方向がようやく明るみを帯びてきた。上空には金星が輝いている。   今日は良い天気になりそうだ。 函館のKさん持参・・・ 詳細は>>こちら

2015年9月宗谷ツーリング 1日目

2015年9月21日 3年ぶりの最北端へのツーリング 厳密に言うと2年ぶりなのだが、その時は最初から宗谷を目指すツーリングではなく、函岳に登った後ついでに宗谷岬まで行った形になったので、一応3年ぶりとしよう。 太平洋から昇る朝日を右手にみながら走る。気持ちが良い。   苫小牧~安平町~岩見沢と走り、道の駅三笠で休憩と軽い朝食。 連休3日目天気が良くなったせいか、ま・・・ 詳細は>>こちら

リアーインナーフェンダー取付け

注文してから1ヶ月半かかってやっと届いたリアーインナーフェンダーをVersysに取り付けた。 パイツマイヤー PA7322B メーカーサイトでは適合が2006年から2014年となっているが(ちょっと前までは2012年となっていたはずだが?)、プーチのフェンダーも2015年モデルに合ったと言う情報をいただいたので、ならばパイツマイヤーも合うはずと思い購入に踏み切った。 パイツマイヤーを・・・ 詳細は>>こちら

2015年9月士幌高原ツーリング

2015年9月5日 朝5時、自宅を出発 本当は先週に予定したツーリングだったのだが、雨のため1週間ずらしてしまった。 今回こそまともな空の下を走れそうだ。   いつのように樹海ロードひだかで休憩。 スズキのイントルーダー(珍しい)とホンダ VFRが入ってきた。 VFRの男性は会社退職後のリターンライダーで北海道は初めてだそうだ。 昨夜苫小牧に上陸し、今朝ホテル・・・ 詳細は>>こちら

2015年8月道東ツーリング 4日目&最終日

2015年8月11日 今朝も和琴周辺は晴れているが、だんだん悪くなる予報。このままいてもしょうがないので、上士幌まで移動する事にした。 昨日ハンマーを貸してあげたFZ-1の若者が、ホームセンターで安く売っていたので、と言って弁償のつもりで新品のハンマーを持ってきた。 それがこれ。。。デカーイ!! ヘッドがゴム製の本格的なものだ。200円位らしいが。 まあ、せっかくくれたのだから、・・・ 詳細は>>こちら

2015年8月道東ツーリング 3日目

2015年8月10日 屈斜路湖の上空にはところどころ薄い雲がかかっているくらいの穏やかな朝を迎えた。   右隣の名古屋から来た若いライダーは朝早く荷物をまとめて移動していった。 彼は名古屋にある工場に勤務しており、大型に乗り換えたばかり。 北海道に来るのも初めてと言っていた。 旅程は5~6日くらい。やはり自分と同じく普通のサラリーマンだと長期に休みを取るのは中々難・・・ 詳細は>>こちら

2015年8月道東ツーリング 2日目

2015年8月9日 昨夜は早くに寝てしまったので、今朝はスッキリと目覚めた、と言うか早く目覚め過ぎた。 早めに撤収して移動するつもりで朝7時には準備が完了していたが、昨夜ギターを弾いていたハーレーのライダーも隣の青年は自分よりも更に早かった。 ハーレーのライダーは笑顔で手を振ってキャンプ場を去って行った。 7時20分、自分もキャンプ場を出て一旦斜里方向へ   せっ・・・ 詳細は>>こちら

2015年8月道東ツーリング 1日目

2015年8月8日 今日から9連休! とは言っても、色々事情もあり9日間全てツーリングに使う訳にも行かないので、予定は5日間の道東ツーリングだ。 本当は7月に厚岸や根室半島をゆっくりとまわり、この8月は摩周周辺、知床を中心に走る予定だったのだが、7月に予定していた日は天気が悪くて結局断念、せっかく取っていた年休も無駄にしてしまった。 従って、この8月のツーリングは7月の分も合わせたちょ・・・ 詳細は>>こちら

2015年7月富良野・美瑛ツーリング

2015年7月10日 毎年恒例の夏の富良野ツーリングに出発。 当初の計画では6月に行く予定だったのだが、予定日になると天気が悪くこの日まで延び延びとなってしまった。 何度も行ってる場所だけに、今更天気が悪い景色を見に行く気にもならないし、7月になればラベンダーの時季だ。 ラベンダーが咲いている時に、ちょうど訪れてみたかった場所があった。 それに今回は何度も行ってる場所な上に、これと言・・・ 詳細は>>こちら

2015年5月道東ツーリング  2・3日目

2015年5月31日 朝 天気予報通り昨夜から雨が降り出し、今朝になっても降ったり止んだりをずっと繰り返している。   タープがあるお陰でテントの外でコーヒーも飲めるし景色をのんびりと眺める事ができるが、そうでなければ雨が止むまでテントの中に閉じこもっていなければならないところだった。 簡単な朝食を済ませ雨が止むのを待つが、相変わらず降ったり止んだりを繰り返している。・・・ 詳細は>>こちら

2015年5月道東ツーリング 1日目

2015年5月30日 出発 いつものキャンプツーリング仲間のスガ君(Tiger800XC)、「道東に行きたい!」との希望から2泊3日のツーリングを計画する事になった。 午前5時30分 いつものコンビニで待ち合わせ。 今回はトラブルもなく、予定通りの出発。   胆振地方、特に海岸沿いはずっと霧雨状態。でも内陸に入れば晴れるでしょう。 すっきりとした青空、とまでは・・・ 詳細は>>こちら

2015年5月道南ツーリングwith小虎 その2

5月10日 朝 雨は一晩中降り続き、朝になっても降ったり止んだりしていた。 午前4時にテントから出てコーヒーを沸かす。 スガ君はまだぐっすりお休みの様子。   コーヒーを飲みながらぼんやりと大沼の景色を眺める。 「スッキリしないなー。。」時折小雨がぱらついている。 昨日から巨大なKTMのアドベンチャーが駐車場に停められていた。 ナンバープレートも韓国ナンバ・・・ 詳細は>>こちら

2015年5月道南ツーリングwith小虎 その1

2015年5月9日 ゴールデンウィークも過ぎ、お花見シーズンも終盤を迎えた。 特に今年の桜の開花時期は平年よりも1週間前後早く、中でも道南の松前は4月の末に満開の時期を迎えていた。 そんな状況の中、何故に道南(松前)まで行くのかと言うと、そこには250種類以上の桜の木があり、それぞれ開花時期も異なるため、5月下旬ころまで桜の花がみられるとの事だ。 2013年にも松前までツーリング行った・・・ 詳細は>>こちら

2015年5月森・大沼ツーリング

2015年5月1日、メーデー。 世間では仕事をしている人もいるようだが、自分は幸いも休日、GWの真っただ中だ。 今日は道南に向けて出発。   風のメモリー 出発早々、ちょっと寄り道。 伊達市長和にあるサイクリングロードの桜並木。 何でも「風のメモリー」と呼ばれているらしく、廃止されたJR胆振長和線の跡地を全長5.4kmに渡ってサイクリングロードとして作られた道。 ・・・ 詳細は>>こちら

2015年4月岩内~泊村日帰りツーリング

ここ数日、自宅周辺をチョコマカと走っていたので、今朝までの走行距離は635kmとなっていた。 慣らし第一段階の800kmまでああと少しとなってきたので、ほんの少し元気に走っても良い頃かと勝手に思っている。 今日は倶知安から岩内に抜ける道道64号線を通り、岩内から泊村まで行って見ようと思う。   道の駅ニセコビュープラザで休憩後、5号線を通って倶知安方面へ。 途中ちょっと・・・ 詳細は>>こちら

新Versys初乗り&慣らし走行2回目

4月12日 慣らし走行2回目 前日の11日(土)は天候が悪すぎたので断念し、本日2回目の慣らし走行となった。 それにしても、あれだけ暖かった3月とは打って変わって今月は寒い日が多いし、大気も不安定だ。全く意地悪な気候だな。 ここ数年どんどん気候が悪くなっていく一方だが、今年も先が思いやれる。   昨日の内にトップケースも取り付けておいた。 SHADのSH-45 ZZ・・・ 詳細は>>こちら

新Versys初乗り&慣らし走行初日

今年からの新しい相棒、Versys650の初乗りと慣らし走行   2015年4月4日 2月中旬に購入して新車登録をする4月までの間、取りあえず自宅の車庫に保管していた。 3月に登録を済ませる事も出来たが、3月に乗れたとしても1~2回。それも数時間。 そのためにだけに4,000円の税金を納めるのは、貧乏人の私にはもったいなさ過ぎる。 と言う訳で、4月までじっと我慢の日々・・・ 詳細は>>こちら

ツーリングマップル 北海道 2015

久しぶりにツーリングのアイテムとして「ツーリングマップル北海道」を買い換えた。 これまで使っていたのは(殆ど使わなくなっていたが)1997年に購入したもので、18年も経っている。 いまは当時と違って、道の情報にはポータブルナビがあるし、ツーリングスポットやレストランなどの情報もスマホを使ってインターネットで調べる事が出来る時代だ。 必要が無いっていえば無いのかも知れない。 ただ、ネット・・・ 詳細は>>こちら

2014年秋の富良野・美瑛ツーリング

2014年9月21日 紅葉のピークにはまだ少し早いが、いつものように富良野・美瑛方面のツーリングに出発。 タイムライン上は9月になっているが、実はこの記事を書いているのは11月の末だ。 こんな機能を使えるのも、自作ブログならではだろうか。 今回は(今回も)あまり目新しい内容もないので、写真を中心にちょっとした備忘録程度に書いて置くことにしよう。   十梨別川(トナシベ・・・ 詳細は>>こちら

2014年夏の道東リベンジツーリング(弟子屈編)

2014年8月13日 7月のツーリングで達成できなかった川北温泉や津別峠からの展望を目指して、再度リベンジツーリングを強行する。 1シーズンに同じようなコースを3回も走る事になるのだが、我ながらそのワンパターンさに失笑してしまう。 まあ、7月があまりにも不本意な結果で終わってしまったのだから仕方が無い。と自分を納得させる。 出発の朝(と言っても夜中)午前2時、突然の雷、そして激しい雨が・・・ 詳細は>>こちら

2014年夏の道東リベンジツーリング(上士幌編)

2014年8月2日出発 7月の道東ツーリングは天候も悪く、行きたい場所にも行けず、途中で帰って来てしまう中途半端なものになってしまった。 と言う事で分割リベンジを行う事にした。 まずは、前回スルーしてしまった上士幌・糠平地区を1泊2日の日程で走ってくる。 上士幌までのコースはいつもと全く同じ。我ながら飽きもせず同じ道を走るものだと呆れている。 日勝峠展望台からの十勝平野 晴・・・ 詳細は>>こちら

2014年7月道東ツーリング(Vol.3)

2014年7月19日 今日も天気はあまり期待は持てそうにないが、取りあえず美幌峠に向かう。 9時15分 美幌峠到着 やはり今日はこの程度。人も少ない 早々に引き返す。 津別峠 和琴に向かって戻る途中、ふと「津別峠」が頭に浮かんだ。 これまで、何度となく屈斜路湖に来ているが、いつも美幌峠くらいしか行った事がなかった。 和琴半島の手前から右折しR588へ向かう。 すぐに・・・ 詳細は>>こちら

2014年7月道東ツーリング(Vol.2)

2014年7月18日 午前3時 相も変わらず早起きをしたので、半島の根元にある和琴半島公共露天風呂で朝風呂 まだ薄暗い湖を眺めながら温泉に浸かっていると、関西弁の中年男性が二人 湯船の縁と底の間が石で一段高くなっているのだが、苔で滑る。 どうやって入ると良いか私に訊ねてきたので、安全な入り方を伝授してあげた(笑) 彼ら二人もライダーでBMWのF800GSに乗ってツーリングをしてい・・・ 詳細は>>こちら

2014年7月道東ツーリング(Vol.1)

2014年7月17日 Start 毎年恒例、7月の道東ツーリングのスタート いつものように自宅前に撮影 (午前5時10分) 日程は4泊5日の予定で、初日から3泊は屈斜路の和琴半島でキャンプ、4日目に上士幌まで移動し、そこでもう1泊キャンプするつもりだ。 出発前の道東の天気予報では、2日目までは良いがそれ以降はパッとしないようだ。 まあ、例年の事なので、そこは天候次第で行動する・・・ 詳細は>>こちら

2014-6月富良野マスツーリング(Vol.3)

翌朝(6月29日) 今日も朝から快晴  絶好のツーリング日和 まだ寝ている仲間もいるけど、日の出公園の展望台まで朝の散歩 ちょっとキツ目の坂を上って頂上へ。 この位のところでも、すでにへばっている人が約○名。 運動不足過ぎる。。。   ちょっと遅れてナベさんもデジカメを持ってやってきた。 今年はラベンダーも植え替えを行ったらしく。例年よりはちょっと見栄え・・・ 詳細は>>こちら

2014-6月富良野マスツーリング(Vol.2)

休憩ポイントの道の駅樹海ロードひだかに到着したのは13時半を回っていた。   気温もぐんぐんと上がり出す。   小休憩も済み、再出発。 日高峠を越えて占冠方面へ。 CRFのスガ君も張り切って走っています。 そうそう!彼のCRFに乗っている姿を見るのもこの時が最後だったっけ。。 翌月、トラの800XCに乗り換えてしまい、バイク仲間で250ccに乗っ・・・ 詳細は>>こちら

2014-6月富良野マスツーリング(Vol.1)

中々天気に恵まれない今年の北海道 ナベさんが6月15日に計画していた職場ツーリングも、結局雨で流れてしまった。 実行出来ればこれまでにない程の参加人数の賑やかなツーリングになっていただろうに。 今回のツーリングは職場のバイク仲間の中で私が初めて企画したものだった。 これまで皆と走ってきた日帰りツーリングではなく、上富良野町のコテージを一棟借り切って1泊するという、思い切ったものだ。 ・・・ 詳細は>>こちら

2014-05-10 新ひだか町花見ツーリング

昨年に続き今年も新ひだか町静内の二十間道路の桜並木を見に行く事にした。 早い話、昨年のリベンジなのだ。何でリベンジか?と言うと、昨年のツーリングを読んでもらえれば納得がゆくかと思う。 昨年(2013年)の5月は気温が低く、桜の開花時期も遅れ、見頃になったのは5月中旬からであった。 今年は暖かく、ゴールデンウィーク期間には二十間道路の桜並木もほぼ満開となった。 今回は一人なので、道路が混・・・ 詳細は>>こちら

2014年5月3日 職場ツーリング

ついに北海道にもバイクシーズンがやってきた! 昨年は何故か職場のバイク仲間同士のタイミングが合わず、一度もマスツーを行う事ができなかったのだ。 皆からせっつかれて、ついにCRFのスガ君が企画。 今回はことし初と言う事なので、まずはお手軽なコースでニセコ・岩内ルートに決定。 午前8時30分 待ち合わせ場所の伊達市内のコンビニ駐車場で待っていると、早速スガ君がやってきた。 ZZR-1・・・ 詳細は>>こちら

2013年函岳・宗谷ツーリング(3)

宗谷岬へ 函岳山頂から下り、先ほどの加須美峠の分岐点から歌登方向へ進む。 ここからも舗装されているR120大曲付近まで15キロ以上はダートが続く。 まさに、道北を代表するスーパー林道と言う感じだ。 加須美峠の分岐から少し入ると、これまでとは違って一気に道幅も狭く、荒れたダートが続く。 (暫く写真を撮る余裕もない)   暫く行くと周囲が拓けた山中に出た。 明るく景色・・・ 詳細は>>こちら

2013年函岳・宗谷ツーリング(2)

2013年9月22日 午前6時 キャンプ場の周囲は深い霧に包まれていた。 昨夜は雨は降らなかったが、相当の冷え込みでテントはベッタリと夜露に濡れている。 ノリカラ君のテントかなり通気性が悪いらしく、呼吸困難になりそうになりながら夜中に何度もテントの中についた結露をタオルで拭っていたそうだ。 夜勤明けで疲れていた体に更に寝不足の追いうちをかけられたようなものだ。   天・・・ 詳細は>>こちら

2013年函岳・宗谷ツーリング(1)

2013年9月21日 久しぶりにノリカラ君とのツーリング。 本当は先週の9月14日~16日の3日間を予定していたが、まるで狙ったかのような大荒れの天気の3日間となってしまったため、本日に予定を延期となった。 私はフルの三連休だが、ノリカラ君は夜勤明けでの出発。 自宅近くのコンビニで合流。 ノリカラ君さすがに夜勤明けで眠そう・・・、眠気覚ましのドリンクを買って出発。 &nbs・・・ 詳細は>>こちら

2013年8月ジェベル初ツーリング 3日目

2013年8月16日 今日も天気が悪い。このままここに長居してもしょうがないので早めに帰る事にした。 AX-1のライダーは今日ものんびりしているようだ。 荷物を積み帰宅の準備が整ったところに、東京のジェベルライダーが話しかけてきた。 夕べのキャンプ道具に話題に引き続き、今度はジェベルについてと荷物の積み方などについて語りだした。 正直、もうさっさと帰りたかったのだが・・・。 ・・・ 詳細は>>こちら

2013年8月ジェベル初ツーリング 2日目

2013年8月15日 今日も天気は絶望的。。。。予報から見ても一日中晴れ間は期待できそうにもない。 バイク乗りのスタイルも色々。 テントを張る場所もライダーによって様々だ。 特に、ここ上士幌ではそれが顕著になってる気がする。 ファミリー層の騒がしさを避けたいのか、ライダーを含め他人との接触を避けひとり静かに過ごしたいのか、メインのサイトとは反対側の狭い芝地にテントを張るライダ・・・ 詳細は>>こちら

2013年8月ジェベル初ツーリング 1日目

2013年8月14日 新しい相棒のジェベルが納車になってまだ5日。 早速キャンプツーリングに出かける。 ZZRに比べると、やはり積載量は少なくなってしまうのは止むを得ない。 シート後部に荷物を積むと、座るスペースが殆どなくなってしまう。 テントとタープだけを小さくまとめて、シート後部に積むことにした。 この時期、夜もそれ程寒くなく、天候によっては暑いくらいだ。今回は寝袋を持たず・・・ 詳細は>>こちら

オフ車に転向 納車当日

ZZR乗り納め 2013年8月7日 とうとうZZRでの最後の日帰りツーリングとなった。 職場のバイク仲間と八雲から雲石峠を越え、日本海を北上しニセコに抜けるルートを走る。 来年には乗り換えるつもりだったのだが、各パーツの消耗が激しくメンテナンスにかなりの費用がかかる事が分かった。 予定していたより1年早まってしまったが、思い切ってオフ車に転向する事を決意し、先日すでにバイク屋さんの・・・ 詳細は>>こちら

2013年7月道東ツーリング第4・5日

2013年7月16日 16日の屈斜路湖は朝から低い雲に覆われ、スッキリしない空模様だった。 昨日やってきた外人女性2人はデンマークからやってきたそうだ。 その内の一人が早朝、湖に入って優雅に泳いでいた。 今日の天気予報は、弟子屈周辺も移動予定先だった上士幌も午後から雨になるようだ。 どうやら晴れているのは富良野周辺だけらしい。 富良野は6月に行ったばかりなので、予定していなかっ・・・ 詳細は>>こちら

2013年7月道東ツーリング第3日目

2013年7月15日 穏やかな朝を迎えた。 風もなく、やや鏡面に近くなった湖面に山の景色が逆さまになって映り込んでいた。 のどかな雰囲気の中で、のんびりと釣りを楽しむ人の姿が目に入る。 大半のファミリーキャンパーはテントを撤収して帰ったため、湖畔のサイトは広々としてきた。 KSRのライダー 札幌から来ていたKSRのライダーも荷物を積み込んで出発の準備をしていた。 こんな小・・・ 詳細は>>こちら

2013年7月道東ツーリング第2日目

2013年7月14日 今日も朝から良く晴れている。 夕べ個々のキャンプ場を利用してみて初めて分かったのだが、夜になってもトイレの照明はつかなかった。 ゴミは持ち帰りとなっているのは既知の事だったが、トイレの照明までとは。。。 いくら網走市が財政の健全化に取り組んでいるからと言って、何もかもカットすれば良いと言うものではないと思うのだが。 湖畔ギリギリまでバイクが乗りいれられ、湖畔・・・ 詳細は>>こちら

2013年7月道東ツーリング 第1日目

2013年7月13日 毎年恒例の夏の道東ツーリングに出発 足寄町まではいつも通りのルートだが、そこから先はまずR242陸別国道を通って置戸町、R247に入って温根湯に出ることにした。 一度も走った事のない道を走ることも目的ではあるが、これまた一度も入った事の無い温泉「塩別つるつる温泉」に入湯する事が第一の目的にあったのだ。   話は変わるが、先日からフロントブレーキに違・・・ 詳細は>>こちら

2013年6月富良野ツーリング

毎年2~3度は行っている富良野・美瑛方面のツーリング 今更書き込む程の内容は無くなってきているが、一応記録に残しておく意味もあるので、今回は簡単に。。   2013年6月23日 いつも通る上富良野町R851から キャンプ地もいつものように、上富良野町日の出公園オートキャンプ場 うわっ!カラスが写真に入っちゃった。 十勝岳連峰には適度な残雪があって、美しいながめだ・・・ 詳細は>>こちら

2013年6月道南ツーリング

2013年6月1日 毎年、夏のツーリングと言えば道東か道北方面ばかりだったので、道南には未開拓の地が多い。 職場のバイク仲間の一人であるS君と意見が一致し、江差・松前方面を周ってくる予定となった。 のだが、、S君前日になって体調不良を訴え、まさかのリタイア! ひとりで行くのはちょと寂しいが、せっかく天気にも恵まれたので、S君には悪いがひとりでも行く事にした。 休憩のため道の駅あぷ・・・ 詳細は>>こちら

2013年5月静内二十間道路 花見ツーリング

2013年5月19日 今日は職場のバイク仲間と桜のスポットとして全国的に有名な新ひだか町静内の二十間道路のお花見ツーリング。 昨日の5月18日に満開宣言が出されたのだが、例年よりも13日遅れの開花だそうだ。 確かに4月下旬から今日まで全道的に極端な低温気候に見舞われ、道東では氷点下になったり、雪が降ったりと、記録的に寒い春だった。 例年ならGW頃には日帰りツーリングを楽しんでいたの・・・ 詳細は>>こちら

2011年8月 霧多布ふたたび

2011年8月12日 7月の雨の道東ツーリングで行った霧多布が何となく気になり、晴れた日の霧多布を見てみたくなり再挑戦する事にした。 今回はいつもの道東ツーリングの時のルートとは少し違い、士幌町からR134(本別士幌線)、本別町からはR392(白糠国道)で白糠に出て、釧路を通ってR44、厚岸町、目的地の浜中町へと進む。 天気には恵まれ快適なのだが8月ど真ん中。やはり暑い。 道の駅 ・・・ 詳細は>>こちら

2011年7月道東ツーリング 後編

2011年7月14日 天気予報ではこれから雨になる。 これから2~3日、どっちに行っても雨が降るようだ。 仕方がないので、雨が落ちてくる前に撤収を開始。 午前9時 移動開始  知床峠付近から羅臼方向の眺め。 羅臼は雲に覆われている。雨が降っているようだ。 予想通り羅臼市街からその先はどこまで行っても雨が降り続いていた。 気温もかなり低い。 しっかりしたレインジャケット・・・ 詳細は>>こちら

2011年7月道東ツーリング 前編

2011年7月13日 毎年恒例の夏の道東ツーリングのスタート 鵡川~平取間 R74 天気は晴れ。とりあえず好調な出足。 8時30分 道の駅 樹海ロードひだかで休憩 駐車場には、戦車の砲塔部分をのせた大型トレーラーが何台も駐車している。 戦車の移動って、こうやって行われているんだ。 子供の頃、戦車がキャタピラのまま演習場に向けて、国道を轟音を立てて何両も移動して行く姿を思い・・・ 詳細は>>こちら

2011年6月 宗谷まわり

2011年6月3日 2011年最初のキャンプツーリングは道北方面に決定 今回もまたスッキリしない天気の中走り続けてきた。 道の駅 風Wとままえ(ふわっととままえ) 温泉のある道の駅だ それにしても寒い、寒すぎる。 温泉に浸かりたくなったが、ここで入ってしまうと、その後湯冷めしてしまうことは間違いない。 寒空の下を我慢しながら、ひたすら北を目指してR106を進む。 天塩町の手・・・ 詳細は>>こちら

2013年慣らし乗り

考えてみれば、車検の必要なバイクに乗ってから、業者に車検を依頼したのは初めてだった。 今年は、天候やら仕事のタイミングやらでユーザー車検に行く事が出来なかったのだ。 重量税  4,400円 自賠責 24か月  13,640円 車検印紙代   2,200円 定期点検基本料金 21,000円 検査代行手数料  8,925円 ライト光軸テスター代  2,100円 ここまで 合計 ・・・ 詳細は>>こちら

2010年9月 名寄・美深ツーリング

2010年9月4日 岩見沢SA 今回のツーリングは、名寄、朱鞠内湖、美深周辺を目標に出発。 ホライゾンのMさんが「びふかアイランド(キャンプ場)はいいよ」と、良く言っていたので、以前から一度は行ってみようと決めていたのだ。 幸いこの時は高速道路の無料化社会実験中でもあり、岩見沢ICから士別剣淵まで一気に走り抜ける。 9時45分 道の駅 なよろ に到着。   ひま・・・ 詳細は>>こちら

2010年7月道東ツーリング 最終日

2010年7月13日 最終日、毎度お決まりのように帰る日になって天気が良い。 日の出公園の展望台で周囲を眺めていると、千葉から観光にきている母子と知り合う。 その後も暫く写真を添付してメールの交換をしていたのだが・・・   ・・・省略。 真っすぐ帰宅するには時間も早いので、中富良野のファーム富田に立ち寄る。 ラベンダーのピークともあって、観光客が多い、、、大半は中国人だ・・・ 詳細は>>こちら

2010年7月道東ツーリング その3

2010年7月10日 天気予報を調べてみると、今日は全道的に下り坂のようだ。 特に、道東の太平洋岸側の方は雨が強いようだ。 斜里町からR244を通り、標津から弟子屈>阿寒横断道>足寄>上士幌町 と一気に移動することにした。 斜里町付近までは快適に走って来たが、根北峠あたりから雨が降り出し、標津側に出たあたりから雨足が強くなりだした。 そこから先は、雨による視界不良に耐えながらひたすら・・・ 詳細は>>こちら

2010年7月道東ツーリング その2

2010年7月9日 翌日は朝からよく晴れ、気温もぐんぐん上がって来た。 半島の周辺を散歩した後、砂川市からご夫婦で道内をキャンプしてまわっていると言う方にコーヒーをごちそうになる。 砂川市は私の出身地からも近いこともあって、話がはずむ。 移動のためテントを撤収し、バイクに荷物の積載を完了する。 駐車場の横にある民宿からは、BMWに乗っている年配のライダーが数人、出発の準備を始・・・ 詳細は>>こちら

2010年7月道東ツーリング その1

2010年7月8日 弟子屈町道の駅摩周 12時50分 自宅を出発してから、ここまで大雨にこそあたらなかったものの、ず~とグズついた天候の中を走って来た。 後から私と同じように阿寒横断道を通って来たオフロードのタンデム親子がやってきたが、ずぶ濡れになったようだ。 気温も低めであるにかかわらず、父親は裸足にサンダル履きであったが、寒くないんだろうか? 道の駅の女性にランチのお勧めの店・・・ 詳細は>>こちら

2010年6月富良野~平取

2010年6月12日 いつもながらの富良野方面へのツーリングだが、まっすぐ富良野市街に入る前に久しぶりに「麓郷の森」に立ち寄ることにした。 と、言っても何度も来ているところなので、改めて見物という程の事でもない。 ただ、いつもと違ったルートを走ってみようとしただけだった。 五郎の丸太小屋の内部 ドラマ「北の国から」では84年夏で火事で焼失することになっているが、実物は保存され・・・ 詳細は>>こちら

2010年5月滝上&湧別花めぐり 後編

2010年5月23日 午前4時 すでに辺りは明るくなっている。 五箇山のあちこちで桜が咲いている。 せっかくなので公園内を散策してみよう。 キャンプ場の裏手、小高い山の上にあがると丁度水平線から太陽が顔を出すところだった。 朝霧につつまれた周囲を赤く染める。 なんとも幻想的な風景だ。 サロマ湖のさらに向こうのオホーツク海からの日の出だ。 日の出も感動的だったが、・・・ 詳細は>>こちら

2010年5月滝上&湧別花めぐり 前編

2010年5月22日 2010年最初のキャンプツーリングは網走方面の滝上と湧別へ芝桜とチューリップの見物に決定。 満開時期にはちょっと早いのか? 道の駅「ハウスヤルビ奈井江」 朝5時に自宅を出発し、下道を走り続け奈井江で休憩。 音江PA この年6月28日から無料化社会実験で高速道路が一部無料化されたが、この時は実施前だった。 信号の多いR12を走り続けるのは辛いので、滝川・・・ 詳細は>>こちら

2009年9月上富良野・美瑛 ふらり

2009年9月20日 今日から4連休。 せっかくの休みにじっとしているのも勿体ないので、1泊でふらりとあてもなく上富良野・美瑛方面へ。 4連休をフルに使えば、もっと遠くまで廻ってこれるのだが、今回は1泊にしておこう。 いつも走っているルートなので、細かくどこをどう通ったかは省略し、簡単に記録しておく。 日高町 沙流川オートキャンプ場を見物。 木々に囲まれた雰囲気の良いキャン・・・ 詳細は>>こちら

2009年最南端ツーリング 後篇

黄金道路 百人浜沿いR34を北上しR336に合流、そこから先の断崖が続く海岸道路が黄金道路と呼ばれている。 1934年に竣工し、断崖を切り開いて進む難工事のため当初の予算より莫大な費用がかかり、「黄金を敷き詰める程金のかかった道路」と言う事から黄金道路と呼ばれているそうだ。 1997年に浦河から広尾に抜けるR236天馬街道が開通してから交通量はかなり減ったようだ。 天馬街道は山間を走る・・・ 詳細は>>こちら

ミーティングGO!GO!in北海道2009 続編

  続編 だらだらと時間を潰しているうちに昼になった。 上士幌和牛カルビ丼  1,000円 レストハウスの前に屋台が出ていて「上士幌和牛カルビ丼」と言う丼物が売られていたので、それを昼飯にした。 白老牛のような高級和牛と比べると肉質は少々劣るが、1,000円と言う値段で考えるとまあ納得できるくらいの肉質と味付けだ。 仮面ライダー登場! さらに時間をもてあましてい・・・ 詳細は>>こちら

ミーティングGO!GO!in北海道2009 その1

2009年8月1日 ツーリングライダーの情報誌として人気の「0円マップ ツーリングGO!GO!]を出版している三栄書店が主催する「ミーティングGO!GO!北海道」に参加した。 以前からこの雑誌を読み、北海道内外から多くのライダーが集合しているのを見て、一度参加してみたいと思っていたところ、休みともうまくあってチャンスを逃がさず参加決定! 天気予報では、当日の十勝地方は曇り後雨との事。多少・・・ 詳細は>>こちら

2009年夏 道東・富良野 その3 帰還

  2009年7月8日 本日は朝から雨模様。 今日は私も、千葉の2人も帰る日だ。 千葉の2人は苫小牧から大洗までフェリーに乗って帰る予定だ。 広島のおじさんは朝のうちに雨の中出発。 3人で見送るが、どこに向かう予定だったかは憶えていない。 雨が小降りになるのを期待し、3人で管理棟内で時間をつぶす。 しかし、いっこうに雨が弱くなる気配は感じない。 やむなく雨の中の・・・ 詳細は>>こちら

2009年夏 道東・富良野 その2

2009年7月7日 今日も朝から快晴 目覚めてみると体調はすっかり回復していた。 昨夜、ライダーの中に入っていけなかった事が悔やまれる。 千葉のSさん、Tさんに加わってCB1300に乗っている東京の風船願坊さん、CB?の広島のおじさんの5人で朝食を摂りながら、またまたバイクの話に花が咲く。 やがて、ホライゾンのMさんがやってきた。 彼は富良野・美瑛方面には毎年3回は来ていると言う超・・・ 詳細は>>こちら

2009年夏 道東・富良野 その1

2009年7月3日~6日 毎年恒例の道東ツーリングに出発。 いつものツーリングであれば、初日は一気に知床まで行ってしまうのだが、今回は弟子屈町・屈斜路湖畔の砂湯キャンプ場に拠点を置き、周囲を周る事にした。 7月3日は湖畔にテントを張り、のんびりと過ごす。 7月4日は養老牛のからまつの湯に寄った後、知床まで足をのばしてから砂湯でもう一泊。 7月5日移動し上士幌町の航空公園キャンプ場にテ・・・ 詳細は>>こちら

2009年5月稚内

| コメント(0) | トラックバック(0)
2009年5月稚内

この年の4月ZZR1100のスクリーンとハンドルを交換し、より快適な走りのための装備を整えてた。 ※この記事にに関してはこちら   (記事を書いたのは最近だが、都合上 日付の設定を変えている) 今回は装備を交換してから、最初のロングツーリングとなる。 目的地は稚内。昨年の稚内は天候不良だったこともあって、そのリベンジだ。 2009年5月29日 午前5時30分 ・・・ 詳細は>>こちら

2008年7月道東ツーリング 第4日~最終日

2008年7月7日 朝目覚めると空はどんよりとした曇り空。 今日は釧路地方は曇りのち雨の予報だ。 早朝から撤収を開始6時に砂湯キャンプ場を出発。 R241~R274、毎年のように同じルートをひたすら飛ばし、鹿追町から新得町に入りR38狩勝峠を超えて富良野エリアへ。   中富良野町まで来た時には丁度12時になっていた。 中富良野森林公園裏手の小高い山「北星山」に周・・・ 詳細は>>こちら

2008年7月道東ツーリング 第3日目

2008年7月6日 朝からキャンプ場前の湖面を水上バイクが走りまわり、うるさい。 あまりブログで批判的な記事を書くのは良くないと思い控えるようにしているのだが、水上バイクだけはどうしても苦言を言いたくなる。 まず第一に水上バイクを乗る人の大半がマナーが悪い。 自分さえ楽しければ良い、という思考回路だ。 キャンプ場のテントで寝ている人や自然の中に静かに浸りたい人の事など全く気に掛け・・・ 詳細は>>こちら

2008年7月道東ツーリング 第2日目

2008年7月5日 晴れ テントを撤収し荷物をバイクに積み込み出発。 と、うっかりバランスを崩してバイクを倒してしまった。 荷物満載状態のバイクをひとりでは簡単に起こす事ができない。 ひとりで悪戦苦闘を続けているが、さほど遠くないところにライダーが2人談笑している。 が、中々こちらの状況には気づいてくれそうにない。 仕方なしに頼みに行って、手伝ってもらう。 気を取り直して出発する・・・ 詳細は>>こちら

2008年7月道東ツーリング 第1日目

2008年7月4日 毎年恒例の夏の道東ツーリングのスタート。 いつものワンパターンコース(室蘭→苫小牧→鵡川→日高→日勝峠)で、これまた毎年のように小雨にあたりながら走り続けてきた。 9時丁度、道の駅「しかおい」でいつものように休憩。   いつものツーリングならば、この先足寄から阿寒横断道路を通って弟子屈町に出るところだが、あまり・・・ 詳細は>>こちら

2008年初めての道北

2008年6月8日 自家用車でもバイクでも一度も行った事のない稚内・道北ツーリングに初挑戦 6月上旬となると、ツーリングシーズンとしてはちょっと早い。 まだ道外ライダーの姿も殆ど見かけないだろうから、ちょっとさみしいツーリングにはなってしまうか。 7月はどうしても道東方面に行ってしまうので、あえてこの時期を選んでしまった。 何故、道北? 実兄も元はバイク乗りで、以前サロベツ原野を海・・・ 詳細は>>こちら

2007年7月道東ツーリング 後半

2007年7月15日 テントを撤収し荷物を積み込んだ後、羅臼市街から約2キロほど相泊方向にある「ひかり苔」を見物。 大きな岩というか崖の根元に洞穴が開いている。 穴の暗がりを覗くと、確かに緑の蛍光色に苔が光っているのが見えた。   R244を南下し、厚床からR44を走り厚岸へ。 9時40分 道の駅 あっけしに到着。 ここはただ牡蠣を買って家に送るためだけに寄った・・・ 詳細は>>こちら

2007年7月道東ツーリング 前半

2007年7月13日 あまりはっきりとは憶えていないが、2007年7月の道東ツーリングも簡単アップしておく。 毎回同じようなルートのツーリングだ。 出発当日の天候はパットせず、最初から雨に備えての出発となった。 7月中旬というのに、気温もかなり低めだ。 R274からR241と通り阿寒横断道路を越え弟子屈町に入るが、さえない景色と寒さのため写真もとらずにひたすら走って来た。 &n・・・ 詳細は>>こちら

2007年初夏の富良野ツーリング

もう大分記憶があやしくなってきたので、当時の写真を見ながら簡単にレポすることにした。 実際、6月の初めとなると出会うライダーも少なく、誰と何を話したと言う事もない。 ただ、一人でブラリと富良野・美瑛周辺を走って来た。 2007年6月7日 まずは、新富良野プリンスホテルの敷地内にある「ニングルテラス」 ここは、作家 倉本聰氏の著書「ニングル」の中に登場する体調15cmの妖精が住む森・・・ 詳細は>>こちら

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

ツーリングマップル R 北海道 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

新品価格
¥3,024から
(2017/4/13 18:58時点)

ツーリングマップル 北海道 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

新品価格
¥1,944から
(2017/4/13 18:58時点)

15-16北海道キャンプ場ガイド

新品価格
¥1,404から
(2015/3/15 12:15時点)