2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.3

| コメント(0) | トラックバック(0)

2017年7月2日 上士幌

昨夜は7・8台のバイクと3組の家族がテントを張っていた。

関西弁のハーレーのライダーはここの利用が初めてらしく、受付やら何やらあれこれ訊ねてきた。

2017-07-02-キャンプ場での朝食

朝食は最近良く作る鍋焼きうどん。

簡易のアルミ鍋にうどん、スープ、麩、かき揚げ、乾燥ねぎがセットになっているやつだ。

これに、昨夜の残り物の長ネギと生玉子は1個、2個では販売していないため、コンビニで買った味付けゆでたまごを代用に入れて食べる。

安いし、簡単だし、カップ麺よりもずっとうまいと思う。

 

音更川の惨状

2017-07-02-キャンプ場の入口からサイトを眺める

2017-07-02-2016年に氾濫した音更川

キャンプ場のすぐ横には音更川が流れている。

昨年(2016年)の台風の時に氾濫し、あやうくキャンプ場もその被害に遭うところだった。

なんとか無傷で済んだのでこうやってキャンプが出来ているのはうれしい。

現在河川の整備もかなりすすんでいるものの、それでもこの状態だ。

氾濫直後はもっとひどい有様だったのだろう。

航空公園という名の通り、キャンプ場の奥に行くと小さな滑走路がある。

今回はじめて見に行くと(写真は撮っていない)、だれかがラジコンのジェット機を飛ばす準備をしていた。

その後、何度もキャンプ場の上空をそのジェット機が旋回していたが、非常にリアルでかっこよかった!

 

ふたたびナイタイ高原

2017-07-02-ナイタイ高原の道を走る

帰る前にもう一度ナイタイ高原へ

2017-07-02-ナイタイ高原展望広場から

上空は晴れているが、、、

2017-07-02-ナイタイ高原の下は雲

上空は青空だし気温も高くなってきているし、時間がたてば雲がなくなるのではないか?

そう期待し十勝平野にカメラを向けてタイムラプス動画を1時間ほど仕掛ける。

しかし、状況に変化はなく、良い動画も撮れないまま高原をあとにする。

2017-07-02-上士幌の直線道路から

まだ時間に余裕があったのだが、今回はこのまま帰る事にした。

2017-07-02-平取のじゃんけんぽん

平取町のレストラン じゃんけんぽん

途中、平取町振内にあるびらとり和牛のレストランじゃんけんぽんで昼食

いつもたくさんの車が店先に駐車しているので、気になっていたが、通る時間帯が悪く毎回断念していた。

2017-07-02-平取町じゃんけんぽんのチーズハンバーグ

今回はちょうどタイミング良く昼時に通ったので、びらとり和牛のチーズハンバーグを食べた。

味も良かったが、店の人も感じが良く、繁盛するのもうなずける。

 

15時、無事に帰宅。

今回のツーリングの一番の目標だった、「晴れた日の襟裳岬」は達成できなかったが、まあ、それでも何となく納得の行くツーリングではあった。

 

今回の走行距離 791km、Versysの累計走行距離 22,505km

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/557

コメントする

≪ ひとつ前の記事:2017年襟裳岬に再挑戦 Vol.2 |  HOME  |   次の記事:2017年7月開陽丸見物に江差ツーリング ≫

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

ツーリングマップル R 北海道 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

新品価格
¥3,024から
(2017/4/13 18:58時点)

ツーリングマップル 北海道 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

新品価格
¥1,944から
(2017/4/13 18:58時点)

15-16北海道キャンプ場ガイド

新品価格
¥1,404から
(2015/3/15 12:15時点)

TOPへ