2015年9月宗谷ツーリング 1日目

| コメント(2) | トラックバック(0)

2015年9月21日

3年ぶりの最北端へのツーリング

厳密に言うと2年ぶりなのだが、その時は最初から宗谷を目指すツーリングではなく、函岳に登った後ついでに宗谷岬まで行った形になったので、一応3年ぶりとしよう。

2015-09-21-朝日の中の出発

太平洋から昇る朝日を右手にみながら走る。気持ちが良い。

 

2015-09-21-道の駅三笠で休憩

苫小牧~安平町~岩見沢と走り、道の駅三笠で休憩と軽い朝食。

連休3日目天気が良くなったせいか、まだ朝7時だというのに、車もバイクも多く入ってくる。

 

2015-09-21-岩見沢月形間の白樺林

峰延からR275の白樺林を通って月形へ。

あとは留萌方向へひたすら北上。信号が少ないのでR12を走るよりストレスが溜まらないで済む。

 

2015-09-21-おびら鰊番屋

道の駅おびら鰊番屋はたくさんのライダーが休憩していた。

短時間に雨が降ったらしく、ライダーも駐車場も雨に濡れていた。

2015-09-21-おびら道の駅前の銅像

空を見上げても雨雲らしい雲は見えない。

このまま走ろう。

 

2015-09-21-上平ウィンドファームの風力発電

上平ウィンドファームの風力発電の風車前

決まってライダー達が停車して写真を撮っている。

確かにちょっと見ごたえはあるかもしれないが、自分は正直こう言った景観はあまり好きではないのでいつも通過している。

悪魔の雨

2015-09-21-苫前で雨具装着

走り続けていると、段々と雲行きが怪しくなりだし、ついに苫前で雨が本降りになってしまった。

「何だよ、天気予報はずっと曇りになってたじゃないか!」

心の中で文句を言いながら、急いで雨具フル装備にする。

2015-09-21-雨の中をすれ違うライダー達

北に進むにつれて雨は一層勢いを増してくる。

そんな中でもすれ違うライダー達は元気にあいさつをして通り過ぎていく。

天塩町の道の駅あたりから土砂降りの雨になった。

「ううっ・・・もう帰ろうかな~」と一瞬心の中をよぎるが、引き返すにもあまりにも遠くまで来てしまった。

今日の天気はダメでも明日・明後日は晴れるはず。

気を取り直して走り続ける。・・・それから数キロ

2015-09-21-オトンルイ風力発電の前で

すぐに雨が上がり、道路も乾き出している。

オトンルイ風力発電の前まで来ると完全に雨が上がっている。

進行方向(北)の空を見ると青空すら見えている。

が、またいつ雨になるか分からないので、そのまま雨装備で走り続ける事にした。

サロベツ原野の道

2015-09-21-サロベツ原野から利尻島方向を見る

空はさらに晴れ渡る。

この位置からなら利尻島が見えるはずだが、残念ながら今日は薄い雲に隠れてしまっている。

2015-09-21-サロベツ原野ですれ違うライダー その1

2015-09-21-サロベツ原野ですれ違うライダー その2

2015-09-21-サロベツ原野ですれ違うライダー その3

さすがシルバーウィークど真ん中。ライダーの数も多い。

好天にも恵まれてみんなテンションが高いなー。楽しそうに手を振って行く。

2015-09-21-サロベツ原野ですれ違うライダー その4

オイオイッ!!危険運転行為ダヨー(笑)

稚内到着

2015-09-21-稚内森林公園到着

12時30分 稚内森林公園キャンプ場に到着

いつもはここでテントを張るのだが、今回は別のキャンプ場を利用してみたくなったので、森林公園は様子を見にうかがっただけだ。

これから増えるのだろが、今のところバイクも2台しか駐車していない。

稚内市内に入ると、またぐずつき気味の空になったが、ここで雨具を外して移動する。

2015-09-21-ノシャップ岬にて

ノシャップ岬

何度も来ているので新鮮味は全くないが、せっかくここまで来たので。。。

2015-09-21-ノシャップ岬そばの食堂のラーメン

お腹が空いてきた。何でも良いので岬の傍の食堂でラーメンを食べる。

・・・う~ん。。。全く努力が感じられない味だ。

後味が悪いので、口直しに土産店でソフトクリームを食べる。

移動しようとした時、隣に駐車していた若いライダーが「スミマセン!写真を撮ってもらっていいですか?」

iPhoneを渡され、その場所でピースサインの写真を撮ってあげたが、どうせならもう少し気の利いた場所で撮ってあげるのに。

2015-09-21-北防波堤ドーム

市内に戻って、これまたお決まりの北防波堤ドーム

ここでもライダーの記念写真を撮ってあげた。

 

2015-09-21-宗谷ふれあい公園キャンプ場

今回利用するつもりだった「宗谷ふれあい公園キャンプ場」

運動公園、パークゴルフ場、キャンプ場などが整備された総合公園だ

来てみると広々として施設も非常に整っていて立派!!

親子連れのファミリーで賑わっている。

が、だだっ広く整備されているが特に景観が良いわけでもないし、野趣が感じる事もない。

ライダーが多く利用する雰囲気も感じない。

「これは違うな。。。」そう思ってここでテントを張るのはやめる事にした。

いつもだったら下見で寄ったキャンプ場でも写真を撮ったり、動画を撮ったりして、後でサイトで紹介するのだが、今回に限ってそんな気も起きなかった。

 

稚内森林公園

2015-09-21-稚内森林公園キャンプ場でテント

ポツリポツリと時々雨が落ちてくる。

急いで稚内市内に戻って森林公園でテントを設営する。

向かいには函館から来たライダーが二人テントを張った。

蒸し暑く、テントを設営するだけでじっとりと汗をかいてしまった。

 

もう一度ノシャップ岬をまわって童夢温泉で汗を流す。

温泉から出て外を走ってみると、露天風呂から男性が手を振っていたので返してあげる。

先ほどキャンプ場で会った函館のライダーだとすぐに分かった。

後で聞いたら、彼は自分だと知らなかったそうだ。

 

コンビニで食料と飲み物を買ってキャンプ場に戻る。

バイクの数もどんどんと増えてくる。すでに15台くらいは駐車している。

ここでこんなに多くのバイクを見たのは初めてだった。

過去は6月頃の利用だったので、誰一人いないサイトでふきすさぶ風の音を聞きながら寝ていた。

 

なにわナンバーの若いライダーが「メガネレンチか何か持っていないでしょうか?」

今回は車載工具くらいしか積んでいないが、何とか使えそうなのがあった。

聞くところによると、温泉にはいっている内にスタンドを立てたままバイクを倒されたとの事。

クラッチレバーの破損と位置ずれ、さらに、サイドスタンドの足を引っかける部分が曲がってしまっていた。

「クラッチレバーの位置ってどれくらいが良いんでしょうか?」

(自分)「特に決まっている訳じゃなくて、自分が握りやすい位置がベストだと思うよ」

    知らんけど、そうだろうなと勝手に思う。

サイドスタンドの曲がりもメガネレンチをうまく使って、乗車姿勢から足でスタンドを出せるくらいまで調整して上げた。

「ありがとうございます!これで何とかなりそうです!」

CBRの250か?若いライダー、北海道は初めてのツーリングだそうだ。

バイクそのものも経験が浅いようだ。

 

それにしても、、、本当にスタンドを立てたまま誰かに故意に倒されたのだろうか?

うっかりスタンドを甘く立てたままにしておくと、自然に倒れる可能性がある。

どちらかと言えばその可能性の方が高い気がした。

 

とにかく、初めての北海道。いきなりインパクトのある思い出が出来ちゃったね。

 

夕方になって、函館のライダーも戻ってきた。

正確に言うと、MT09のKさんは函館在住で自動車整備業を営んでいるそうだ。

ZX10RのライダーMさんは千葉在住でSEをしており、函館出身。MT09のKさんとは幼馴染。

函館で待ち合わせして二人で初めてのキャンプツーリングだそうだ。

お二人ともアルコールは飲まないが、とても愉快で話をしていると楽しい!

バイクの知識も、ライディング技術もかなりの様子。

モテギにも行った事があり、あのロッシにも会っている。スゲー!!

 

お陰で楽しい夜をすごさせていただきました。

 

 

2日目につづく

 

この記事に関する動画です。よろしければご覧ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://lip-hokkaido.com/mt/mt-tb.cgi/506

コメント(2)

こんばんは
Mです。

あの時はお世話になりました。
とても楽しく充実した時間になりました。
ホームページに載せていただきありがとうございます。

来年になってしまいますが、またご一緒できればと思います。

次は何処でしょうね。
道東かな?

Mさん 早速コメント投稿ありがとうございます!

来年も来られる時は是非連絡くださいね。
道東は毎年行っていますが、やっぱり良いですねー。
何とかタイミングを合わせれば、と思ってます。
その際はよろしくお願いします。

文章力が乏しいので、つたないブログですが、よろしければ時々覗いてください。


コメントする

≪ ひとつ前の記事:リアーインナーフェンダー取付け |  HOME  |   次の記事:2015年9月宗谷ツーリング 2日目 ≫

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

ツーリングマップル R 北海道 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

新品価格
¥3,024から
(2017/4/13 18:58時点)

ツーリングマップル 北海道 2017 (ツーリング 地図 | マップル)

新品価格
¥1,944から
(2017/4/13 18:58時点)

15-16北海道キャンプ場ガイド

新品価格
¥1,404から
(2015/3/15 12:15時点)

TOPへ